<私>を思い出すこと、         それが悟りです!

悟りカウンセラー・ドルフィニスト篤が、
自覚で悟りに至るためのヒントを綴ります。
恐怖から愛へ
5月は様々な選択肢が現れて、どれを選べばよいか分からず、
迷う方が多いのではないでしょうか?

今までやってきたことは、手放すのももったいないし、そのまま続けたい・・・

でも、新しくやってみたいことが出てきた・・・
それは昔からやりたかったことかも・・・


こんな時困りますよね。

選べないから、全部やりたくなります。


今、宇宙の流れはますます加速し、様々な現実が交錯しています。

それは過去から望んでいたこと・・・
過去世から望んでいたこと・・・

その集大成が今という瞬間にドッと押し寄せてきているかのようです。


宇宙から、どの現実でも選べるチャンスが与えられています。


あなたが目を向けさえすれば、どんな選択肢でも手に入ります。


今こそ、ハートに聞いて、自分が最も望んでいることを
選択しましょう。

ハートは何と言っていますか?
あなたが「ワクワク」することは何ですか?


義務とか義理からではなく、最もやりたいことを選択していいのです。
誰にも遠慮する必要はありません。



その選択が、過去の自分に報い、過去世の自分に報いることになります。

この重要な時期に選択したことは、これからのあなたの未来に
決定的な影響を与えるでしょう。

どんな未来に住むかを決めるのはあなたです。



そして、一歩踏み出した方は、その選択によって
恐怖を体験するかもしれません。

もし、恐怖を感じたら、自分から進んでその恐怖を味わいましょう。
自分はこんなに怖いんだな〜って。


恐怖を味わったからと言って、恐怖に負けてしまうことはありません。

恐怖さえもあなたが創り出しているだけだからです。
あなたが創造者なのです。

あなたは愛を創造する力も同時に持っているのです。
それだけパワフルなのです。

恐怖をじっくり味わえば必ず愛に変わり、心に平安と穏やかさが訪れます。



どんなに恐怖を味わっても、恐怖はなくならない・・・もう負けてしまいそう・・・
そんなときこそ、更に恐怖を味わい、自分を愛に開いてください。


決して諦めないでください。
自分を信頼し続けるのです。


そすれば道が開けるでしょう。



ドルフィンライフマスタリースクール
小田原篤弘



| 自己との関係 | 11:35 | comments(2) | trackbacks(0) |
心のフォーカス
昨日はイルカくんの毎月のメッセージの公開収録でした。
お越しいただいた皆様、ありがとうございました。

今日はそこでお話した話題をシェアしたいと思います。


*******************


私たちは、日々様々なことを考え、感じていますが、
大抵、それは無意識のうちに行っています。

「今日は〜さんが来るから・・・準備しないと」
「今日の晩御飯は・・・にしようかな?」
「昨日はついてなかったなぁ、何でだ?」

考えることはたくさんあります。

こんな感じで無意識の領域には、たくさんの思考が同時進行で動いています。

忙しいときには、目の前のことに意識をフォーカスしているので、
人が来るための準備や、晩御飯のことなどについての思考は、
意識上に上がって来ないかもしれませんが、
リラックスしたり、ボーっとする時間を取ると、とりとめもなく
様々な思考が頭の中を巡り始めます。

これは、皆さんよく経験していることだと思います。

ですから、さっきまで明日の心配をしていたと思ったら、
次の瞬間には友人のことが気になったり、昨日の失敗をクヨクヨしたり・・・
何の脈絡もなく、様々なことが湧いてきます。

でも、思考のパターンには、個性があって、
いつのまにか「お金」のことを考えている人、
「異性」のことを考えている人、
「将来の心配」にフォーカスが向く人・・・
など様々です。

普段の思考を振り返ってみると、いつの間にか考えてしまっている
陥りやすい思考のパターンがあると思います。

それは「心の癖」と言ってもいいと思います。


この「心の癖」は、物ごころ付いた頃からずっと付き合っている
パターンもあり、結婚歴の長い夫婦のように馴染みがあったりします。

皆さんにとって当たり前のことなので、特にそれに対して問題視する
こともなく、日々を過ごしています。


しかし、この当たり前にしている「心の癖」が私たちの現実を創っている
としたらどうでしょうか?
意識がフォーカスを向けたことが現実になるのです。

これは宇宙の法則です。

実にシンプルであると同時に、今の自分の周りの現実は自分が
創りだしていて、その責任は自分にあるということです。

怖いですね〜
「宇宙は何て冷たいんだろう!」と思われるかもしれません。
全部自分の責任と言われると、誰も責められなくて、
「このやり場のない感情はどこに持っていったらいいの?」
と思うかもしれません。

もちろん、みんなが合意の上の集合意識が創りだしている現実もあります。
でも自分の身の回りの日々の現実は私たちの思考の産物です。


でも逆に考えれば、自分の意識次第で現実を変えられるということです。
これが意識的に夢を現実化させる方法です。


思うように現実がいかないという方、一度「自分の思考を観察」してみては
いかがでしょうか?


****************


望んだ現実を創るには、自分が望むような現実を意識的にイメージし、
考えることが大切になります。

そのためには、まず瞬間瞬間に自分が何を考えているか、自分の思考を
いつも意識的に観察する必要があります。


思考は出てきてしまったら、それが好きか嫌いかに関わらず、
まずあるがまま肯定するのがベストです。
無条件の愛で接してみましょう。

出てきた思考に抵抗したり否定しようとしても、そ
の思考にエネルギーを与えることになり、
余計に頭から離れなくなるでしょう。
"No Control!"です。

でも、思考をあるがままに肯定しながらも、
それらの思考の中のどれにフォーカスを向けるかは
自分で選択できるのです。

フォーカスを向けた思考はエネルギーをもらってどんどん大きくなります。
どうせ大きくするなら、自分が望むイメージにエネルギーを与えたいですよね。

逆に欲しくないイメージや思考に対しては、エネルギーを与えないように、
意識をフォーカスしないようにすれば、その思考はエネルギーを失い、
だんだん意識上に上がってこなくなります。


でもいざこのように思考のフォーカスを意識的にしようとしても、
いつの間にか「心の癖」の方へと誘惑され、いつもと同じことを
考えていると思います。

それが普通です!
できないと心配しなくても、大丈夫です。

それでいいので、「心の癖」にはまり込んでいる自分に気付いたら、
その瞬間に自分が欲しいイメージの方にフォーカスを変えましょう。
ただそれだけです。

これを何度でも繰り返します。
「モグラ叩き」ゲームでは出てきたモグラを叩きますが、
この思考のゲームでは、「心の癖」が出てきたら、
それを叩くのではなく、すぐ別の望むイメージに切り替えるのです。

これを忍耐強く続けていれば、あるとき「心の癖」にはまらなくなった
自分を発見するでしょう。



意識のフォーカスを向け続け、エネルギーが高まり、ある臨界点にまで
達すると、その思考が現実となって表れてきます。

それはどのタイミングでどのような表れ方をするかは頭で予測できないかもしれません。
でも必ず現実化します。

逆にフォーカスしないようにした思考は現実化しないでしょう。


*******************


何か望むことを現実化させたいとき、
私たちは何か「現実化させたいイメージ」や「目的」を持っています。

この「現実化させたいイメージ」、「目的」がより具体的であるほど、
現実化しやすくなります。


例えば、今私はこの文章を書いていますが、
最初に「こんなことを書きたい!」という漠然としたイメージを持って書き出します。

でも、実際に書いてみると、何か説得力に欠けていたり、
文章に魅力がなかったり、書きたいことがすべて出し切れていない・・・
など何か不満が生まれます。

この「充分じゃない」「何か足りない」という感覚が次への行動へと導きます。

もっと説得力を出すには、「この箇所にたとえ話が必要だな」とか、
「ここは、もっとかみ砕かないと分かりにくいのでは?」
「もっと別の表現はないのか?」など
何かアイデアが生まれてきます。
こうして推敲するうちに文章が洗練されていきます。


「もっと良くしたい」
という欲求が次のアイデアを閃かせます。

「もっと良くしたい」と思うということは、現状とは違った
「現実化させたいイメージ」があるということです。

私たちは現状と「現実化させたいイメージ」をすり合わせながら
アイデアを受け取り、よりイメージを明確にして、具体化させていきます。
「現実化させたいイメージ」をより研ぎ澄ませるのです。
そのようにしてエネルギーに方向性を付けることで、現実化が加速します。


もちろん現状に満足することも大切なことです。
女性意識が優位なときには現状を肯定しようとします。
しかし、現状に満足し切っていると、それ以上のイメージを求めないために
あまり進歩しないか、進みが遅くなるでしょう。

現状を意識的に問題として捉えて、もっといいものにしたいと
求めると、宇宙はそれに答えてくれるのです。

あなたがどれだけ求めるかで結果が変ってきます。
これは男性意識を使っている状態です。


ここはバランスが大切で、「充分じゃない」「何か足りない」と
ずっと男性意識で自分を駆り立て、いつまでも完成を認めないでいると、
心は疲弊し、なかなか充足感が得られないでしょう。


満足し、調和した心の状態で、求めることもできます。



***********************


今、とてもエネルギーが高まっていて、どこにフォーカスを向けるかが
とても重要になっています。


このブログを読まれた方は、是非思考に注意を向けてみてください。



今年の5月から始まる「ドルフィンライフマスタリークラス機廚任蓮
男性意識と女性意識という2極の意識を統合していき、
夢を現実化していくための調和した心「イルカ意識」になっていきます。

調和した心によって、あなたの中の深い理想が現実化します。

統合されていない分離した意識では、
葛藤を生むため、求めているものが現実化しにくいのです。



また、時期は未定ですが、「ドルフィンライフマスタリークラス機廚
次のステップのクラスとなる「ドルフィンライフマスタリークラス供廚
開講する予定です。

上記の内容のように科学的に夢を現実化していくためのメソッドを
たっぷりとワークしていきます。


夢を現実化し、「ドルフィンライフ」を創造していきましょう!


ドルフィンライフマスタリースクール
小田原篤弘






| 自己との関係 | 17:52 | comments(1) | trackbacks(0) |
自己弁護
今日のテーマは「自己弁護」です。

この話は、少し厳しく感じるかもしれませんので、
成長したいという前向きな気持ちがあるときに読むことをお勧めします。


*************


日常において、自分を正当化することはよくあることです。


あなたが、友人と待ち合わせをしていたのに、
待ち合わせの時間に間に合わなくて
友人を待たせてしまったとします。

でもそのあと一緒にランチを食べて、楽しく過ごしました。


後で振り返って、

「友人を待たせてしまって申し訳なけなかったなぁ〜
でも、ランチ食べて楽しかったから、良かったよね!
遅刻したことは、大したことじゃないよね。」


この場合、遅刻したという自分のミスを反省しながらも、
その後が楽しかったから、遅刻したことは小さなことと考えて、
自分のことを正当化しています。


そんなふうに自分のミスや失敗を楽観的に考えて、
あまり深刻に捉え過ぎないことは、
いつも明るく過ごすための秘訣でもあります。


逆にあなたが遅れてきて、
その後もずっと申し訳なさそうにしていたら
友人も楽しくなくなってしまいますよね。


でも、あなたの遅刻がたび重なると、
友人も嫌な気持ちになり、信頼も損なってしまいます。

当たり前のことですが、ミスや失敗をしたときは反省をして、
次回から遅刻しないように気をつけることは大切です。


*************


しかし、時にはこうした正当化もあります。

「私はいつもちゃんとやっているのに、周りの人がちゃんとやらないからうまく行かない。」

「私の人生が思う通りにならないのは、私が悪いのではなく、環境が悪いんだ」

「周囲は能力のないやつばかりで、私の思う通りに行かない」

「(自分を棚に上げて)みんな、なんかズレている。変な人ばかりだ。」



すべてを周りのせいにして、自分は悪くないと、完全に正当化する態度です。


実際に周りが自分にとって完璧な環境ではなかったかもしれません。

しかし、周りのせいにして、環境の被害者となっていても現実は変わりません。

自分は正しいと居直って、問題を先送りにしていても、問題は解決しません。


こうした正当化は、自信のなさの裏返しだったりします。
できないことを周りのせいにしておけば楽だからです。


<自分を正当化している態度>と<自信のある態度>の違いは
紙一重ですが、大きな差を生みます。

前者は口だけで、自分をアピールし、自分を認めてほしいだけで、
行動を伴わないでしょう。

それに対して後者は行動し、結果を出す前提で話をしているので、
実際に結果が伴ってきます。
自信のある人は自分の現実を思う通りに創造します。


自分が中心で、すべてが自分の周りで回っているという態度の人、
また自分がすべて正しいと信じている人はたくさんいらっしゃいます。

そういう私もそうかもしれませんが・・・(汗)


しかし自分自身を正当化し、同じ場所にずっと止まっているならば、
変化や成長はないでしょう。



「もしかしたらあの人の視点の方が正しいかもしれない。」

「今の考え方と違う考え方をしてみたら、人生はどれだけ違うだろう?」

と感じたら、

その自分の感覚を信頼し、謙虚な態度を持って、
実際にその通りにやってみると、
変化し、成長することができます。


「傲慢になっていないか?」
「口先だけになっていないか?」
常に気をつけて、意識していなければいけないポイントです。


*************


また、こうした正当化もあります。


友人の結婚式に着ていくためのドレスを買いにデパートに行ったとします。

「デパートに行けば何かあるだろう!」と思って・・・。

でもいくつかお店を回ったけれど、いまいちいいものが見つかりません。
「今日は見つからないな〜今日は見つからない日なんだよ、きっと!」


目的があって、それを達成するために行動したけれど、
結果が得られなかった場合、

その事実を何かのせいにしたり、「何か意味があったんだ」として正当化する
ことはよくあると思います。


果たしてこれは、どんな意味があったのでしょうか?
もちろん起こることはすべてに意味があるのですが、

それは
「あなたの求めているものが散漫で、宇宙がそれを用意できません。
あなたの求めるものをもっと明確にしてください」という意味だったのかもしれません。



例えば、デパートに行けば何かドレスがあるだろうという期待を持って行ったと思いますが、

ドレスであれば、専門店の方が品揃えがあって好みのものを探せたかもしれません。

好みのブランド、色や質感やデザインがもっと明確であれば、
迷わずに探せたかもしれません。
インターネットで予め探してから行くという方法もあります。

宇宙は、意図したものを現実化させるように働いてくれます。

もちろん現実化するタイミングもありますが、意図によってタイミングを早めることもできます。


このように、宇宙は働こうとしているのに、
エゴの自分は意図を明確にしないまま

「進まないのも何か意味があるんだろう」と
進まない状況を正当化して、改善しようとしないで、
同じところに留まっている場合があります。

意味があって進まないのか、
意図することを怠って進まないのかの見極めは大切です。



**************


私たちの心の中では、上の例のように
「今日は見つからない日なんだよ〜」
と目的が達成されない理由を何かのせいにして、
自分の行動を正当化したいものです。

なぜなら、「目的のドレスが見つからなかったということは、
今日一日の行動は価値がなかった」
と認めることは、とても怖いからです。


ですから、自分の誤りを認める代わりに、
「その理由なら、うまく行かなくてもしょうがないや」と自分を正当化
できる理由を探そうとします。

これは防衛反応として、あなたの心の中で無意識に起こっている場合があります。


でも、自分を安心させるため、諦める理由が欲しいために
意味を求めるのであればどうでしょうか?
自分を防衛し、意味ばかりを把握しても、現実は変わりません。


目の前の現実を、あなたのフィルターを通して正当化して見るのではなく、
冷静にありのままを見ましょう。

これは少し勇気が要ります。
でも現状を知れば、次に踏むべきステップが自ずと見えてきます。

そして現状を知ったら、現実化させたいイメージの方に
フォーカスをすぐ切り替え、そのイメージが自分の現実にやってくることを意図します。

現状はただ知っていて、置いておくだけでいいのです。

できていない現状にいつまでもフォーカスすることは、
できない未来を創造することになります。
できていない自分にばかりフォーカスして、自己否定するのはやめましょう!

これはとても重要なポイントです。



あなたは自分を正当化して、自分の価値を保とうとしなくても、
元々価値のある存在なのです。

目の前の現実がどうであろうと、あなたの価値が変ることはありません。
ですから安心して現状を冷静に見ましょう。


そして「あなたがあなたの現実を創っている」という視点に立ち、
もし、うまく行かない所があれば、それを止めているのは、
他の誰でもなくあなたのエゴだという認識のもとに現状を見ます。


どんなエゴか・・・

それは、
本当は価値ある存在であり、望んだ現実を現実化させる能力があるのに、
自分を過小評価して、現実化を阻んでいる自分です。



もし、自分がただ自分を正当化ばかりして、
何も動こうとしていないことに気づいたら、今一度謙虚になって、

「私が本当にしたいことは何だろう?」

「どんな現実を創造したいのだろう?」

「私にも何か役に立てること、できることがあるのではないか?」

と、真剣に考えてみましょう。


求め方もありますが、真剣に意図して求めれば、必ず宇宙は答えてくれます。

そしてしっかりとした決意があれば、そんなに力を加えなくてもスムーズに進むことができます。


また、もしあなたが自分の人生の意味、価値を知りたくなったときは、
どうか自分に対する愛とともに、
「自分の人生の意味は自分で創れるんだ」と言ってあげてください。


あなたにもできます。

もう遅いということはありません。
いつでも始められるのです。


Let's live a Dolphin Life !



ドルフィンライフマスタリースクール
小田原篤弘




| 自己との関係 | 15:14 | comments(2) | trackbacks(0) |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • 「分かって欲しい」「認めて欲しい」という欲求について
    Y (08/07)
  • 目覚めることは、現実が良くなることではない!
    あや (01/31)
  • 「イルカを愛している!」パレードを行います!
    き〜ちゃん (01/28)
  • 「イルカを愛している!」パレードを行います!
    govinda (01/20)
  • 「イルカを愛している!」パレードを行います!
    ドルフィニスト篤 (01/20)
  • 人に合わせることをやめる!!
    miyuki (12/08)
  • 悟りの観点から見た「決断・覚悟」について
    Ambho (08/08)
  • 「物質」から得る「信頼」「確かさ」について
    taka (06/26)
  • 横浜にて「イルカを守ろう!」パレードを行いました!
    Sachie (06/14)
  • 劣等意識はあなたの考えに過ぎない!
    tatsu (07/19)
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ