<私>を思い出すこと、         それが悟りです!

悟りカウンセラー・ドルフィニスト篤が、
自覚で悟りに至るためのヒントを綴ります。
<< マヤの地をを訪ねて | main | 私達が地球に貢献できること >>
コミュニケーション
先週、個人セッションをしていて感じたことを書きたいと思います。

個人セッションで問題になっているところを掘り下げていくと、多くがコミュニケーションの問題に辿り着きます。
コミュニケーションがうまくいかず、不満に感じていたり、コミュニケーションすること自体が面倒臭くなったり、恐怖を感じたりしていることが多いです。
その原因の多くは、コミュニケーションの場で、「自分の意見は取るに足りない」「自分には話す価値がない」と感じて、自分の思いを話すことを遠慮してしまうようです。
結果的に思いをうまく伝えられずに、不満がつのります。
そして話を聞いてくれない相手と話したくなくなったり、不快に感じたり、嫌いになったりします。

私達は瞬間瞬間に何かを感じています。
まして、会話の中では話題ひとつひとつに何かを感じています。
でも、私達は、自分の感覚を信頼できないと、「自分が感じていることは正しいんだろうか?」「自分の感じていることは大したことがない。」と思ってしまいます。
そして、自己信頼している人や、力が強そうに感じる人の前では、自分に対する無価値観が増して、自分から表現することをやめたり、遠慮して口をつぐんでしまいます。
本当は「こうだったよね〜」とか「そうそう!」とか「こんな感じだったね。」と素直に感じたことや共感したことを表現したいのに、できなくなります。

本当は、人の感じていることに優劣はなく、それを表現していいし、表現する権利はみんなにあるのです。


感じるには、まずハートのスペースに入ることが大切です。

普段は頭を使って、いろいろ考えてしまい、意識があちこちに飛んでしまいがちですが、その意識をハートに戻すことです。
そして、その感じたことをハートからゆっくりと話しましょう。
ハートからの言葉は、一旦感じなければいけないので、矢継ぎ早に言葉が出てこないかもしれません。

それでもいいのです。
ゆっくり自分の言葉で話しましょう。

話すのが遅く、会話に入れないと感じたら、「ごめん、ちょっと待って。」と断りを入れてから話してもいいでしょう。

それは完璧で、きれいな言葉ではないかもしれないけれど、それでもいいのです。
自分のハートでどう感じたかを、ごまかすことなく誠実に表現できれば、心の中に平和を感じることができるでしょう。


たとえ、誰か強そうな人がいたとしても、自分のハートのスペースにいることを保つようにしましょう。
よく誰か強そうな人がいると、その人のペースに巻き込まれて、自分の考えていること、感じていることが分からなくなり、自分が何をしたいのか分からなくなってしまう方がいらっしゃいます。

そんな自分に気づいたら、できるだけ自分のハートのスペース、中心に戻るようにしましょう。

そして「自分はどうしたいのか?」と自分の意志を確認します。
相手の意図に巻き込まれて、自分のスペースを相手に明け渡し過ぎてはいけません。
聞きたくない時には「嫌だ、聞きたくない。」という意志を伝える必要があります。
相手の気分を害してしまうのではないかと恐れて、話を中断することを恐れないようにしましょう。
自分の意志、そしてハートのスペースを守るのは自分なのです。

自分のハートのスペースに常にいることができるようになることが心をマスターする道です。
イルカくんもいつも言っています。


そして普段から自分が感じたことをシェアする習慣を持つことが大切です。

そして感じたことを言語化する努力をしましょう。
言語化することによって自分自身が明晰になり、自分が何を考え、何を感じているか分かるようになっていきます。
人の表現方法で「いいな」と思うものはどんどん真似て、取り入れていきましょう。
感じたことが言語化できることで、「自分はこれでいい。」という自己肯定感が増してきます。
これは自分を理解していく、自己確立の道でもあります。


もちろん何でもシェアするのではなく、自分の話が一方的にならないように、相手が理解しているか感じ取りながら話すなど、コミュニケーションのマナーは守るようにしましょう。

自分のペースだけでなく、相手がそれを聞いてどう感じているか常に感じながら話をします。
礼儀を持って、人の領域にズカズカと入らないようにしましょう。
そして、相手が自分に時間とエネルギーを使ってくれていることに感謝しましょう。


もし強力に場をコントロールして、一方的に話す場を作ろうとする人がいれば、少し距離を置いた方がいいかもしれません。
そういった方はカリスマ性があり、みんなを引きつける力を持っている場合がありますが、その人のそばにいると何かを奪われていないか気をつけましょう。
自分のエネルギーや時間は大切です。
自ら被害者になることを選択しないでください。


ハートからのコミュニケーションに慣れていない場合、コミュニケーションがパワーゲームに陥りやすいです。
その場合、誰がコントロールするかを探り合う状態になります。
特に初対面の人同士の場合、誰が力が強いかを無意識のうちに探っています。
その場合、自分のスペースを確保しながら、できれば中立の立場をとるようにしましょう。

相手が好戦的、あるいは暴力的で、コントロールしてくる態度を変えず、ハートで繋がるのが難しいと感じたら、ハートで繋がることをあきらめた方がいい場合もあります。
どのような選択をしたらよいかも、すべてはあなたの感覚を信頼してください。


これからはますます感じること、フィーリングが鍵になって来るでしょう。


コミュニケーションについては私もまだまだ学びの途中ですが、コミュニケーションをうまくとって人生を豊かにしたいものです。


小田原篤弘

| 対人関係 | 17:59 | comments(0) | trackbacks(0) |









トラックバック機能は終了しました。
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • 「分かって欲しい」「認めて欲しい」という欲求について
    Y (08/07)
  • 目覚めることは、現実が良くなることではない!
    あや (01/31)
  • 「イルカを愛している!」パレードを行います!
    き〜ちゃん (01/28)
  • 「イルカを愛している!」パレードを行います!
    govinda (01/20)
  • 「イルカを愛している!」パレードを行います!
    ドルフィニスト篤 (01/20)
  • 人に合わせることをやめる!!
    miyuki (12/08)
  • 悟りの観点から見た「決断・覚悟」について
    Ambho (08/08)
  • 「物質」から得る「信頼」「確かさ」について
    taka (06/26)
  • 横浜にて「イルカを守ろう!」パレードを行いました!
    Sachie (06/14)
  • 劣等意識はあなたの考えに過ぎない!
    tatsu (07/19)
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ