<私>を思い出すこと、         それが悟りです!

悟りカウンセラー・ドルフィニスト篤が、
自覚で悟りに至るためのヒントを綴ります。
<< 「悟りハンドブック」の電子書籍(kindle版)が刊行されました! | main | 自分の小ささ、劣等さ、弱さ、無能さ、醜さ、孤独、自己不信、惨めさと向き合うには・・・ >>
どんなときにも自分に寄り添い、対話をしましょう!!
こんにちは。
Dolphinist Academyのドルフィニスト篤です。


先日、悟りメンバーシップの自覚ミーティングを神戸で行いました。





その日は、ちょうど双子座の満月ということでしたが、双子座はコミュニケーションを司っているので、コミュニケーションの話題をしてみました。


「パートナーや友人、家族や職場の人とコミュニケーションするとき、何を求めてる?」
と質問してみました。


・あたたかい愛、エネルギーの交換をしたい
・自分を知りたい
・自分のことをわかってほしい
・自分を伝えたい、相手を分かりたい
・楽しくしたい
・それほどコミュニケーションを求めていない


などなど、意外にバラバラのことが出てきます。




「私は楽しくしたいだけなのに!」


「私はあなたにわかってほしいだけなのよ!」



コミュニケーションに対してお互いに求めていることが違うので、なんかしっくりこない…なんていうことが起き、不満が募っていきます。


話していて、なんか不快になってきたり、ズレを感じたり、通じ合えなさを感じたり・・・


そんなことが、起こってきます。





これは、表面的にはなかなか分かりにくいのですが、男女が別れ話をする時に最後に気づいたりするようなお互いのすれ違いです。


これは、コミュニケーションに対して求めていることがそれぞれが違うことが原因です。


求めていることが違うのに、
「同じ人間なんだからわかるはずでしょ!なんでわかってくれないの!!」
と期待通りに行かずに怒るわけです。




 
今まで多くの方のカウンセリングをする中で見えてきたことは、
コミュニケーションするとき、自我は、表面的には相手のことを思いやっていたり、全体のためだと思っているのですが、潜在的には自分が求めていることが達成されればいいと考えているということです。

 
自分の求めていることを達成させるために、相手の求めていることに計算で対応したり、あるいはきちんと対応しないと社会的にまずいと考えて、やむをえず対応していたり、そうする必要がなければ、本当はしたくないので無頓着だったりします。


皆、それぞれのニーズ、価値観があり、自分の世界から見ているだけで、相手を思いやっているようでいても実は自分勝手なのです。


夢も希望もない話になってしまいますが、どんなに長いパートナーや親友だったとしても、お互いに完全にわかり合っているつもりでも、いざ、蓋を開けてみたら全く違う価値観だったということはよくあります。





人は自分のニーズを満たしたいという自分勝手なものだと知った上で、人とコミュニケーションをして、付き合うようにすれば、期待することもなく、傷つくこともありません。


美輪明宏さんの言葉で、
「腹六分の人付き合い」
というのがありますが、真理だなと思います。





価値観が完全に合って、共鳴し合えること、自分のニーズが100%満たされることを相手に期待せず、表面的に付き合う・・・


そんなの、寂しくて、不安で無理!!という方も多いかもしれません。


ここで、寂しい、不安だという思いが強く出てくる方は、自分の中にある愛を思い出す必要があります。


自分の中にある愛を思い出せば、他人から愛をもらおうとする必要がなくなってくるからです。







自分の中にある愛を思い出すには、自己との対話(自己観察)です。
 

 

 

 

 


コミュニケーションというと、一般的に「他者とのコミュニケーション」のことを指し、相手に愛を求めるのですが、ここでは「自己とのコミュニケーション」によって、自分自身に愛を与えることで、愛を受け取ることにフォーカスします。






例えば、
 

「私は楽しくしたいだけなのに!」


「私はあなたにわかってほしいだけなのよ!」


このように相手に愛を求めているのに、思い通りに行かないとき、


「相手と何をコミュニケーションしたいのか?」


「相手と何を共有したいのか?」


と、自分に関心を持って、自己対話をすることで、相手に求めている欲求を自分がよく知ってあげます。






すると、不思議なことに自然とコミュニケーションしたいという渇望感が収まってきたりします。


このように、自己対話をすることで解決することができます。

 





先ほどの話に戻りますが、寂しさの根本は、本性(本当の自分)との分離感です。


自我が肉体とあまりにも同化して、一体となったために、本性を忘却してしまい、分離してしまったような感覚を体験しているのが、まさに寂しさです。


自我は、本性との分離感を現実に投影して、それを克服しようと努力してきました。


 
人間関係において歓喜を経験することもあれば、失敗したり、誤解されたり、絶望するなど、様々なストーリーを展開させてきたのですが、それは、自我にとって、本性との分離感があまりにもリアルだったからです。


ただ、本性との分離感を克服することを外側に求めることがあまりにも当たり前になってしまったために、本性に関心を向け、認め、愛することを忘れてしまったのです。


それだけ、
自分自身に寄り添わず、愛さず、無視してきたのです。


ですから、
自分が何を望み、何を欲しているのか、
何が不安で、何を怖れていて、
何に傷つき、何を許せないのか、
自分のことをよくわかってあげていないのです。


外側に愛を探しに行くのではなく、自分自身に関心を持ち、徹底的に自分と対話してあげることが大切です。






ただし、自我は、自尊心・プライドや怖れからそれらのネガティブな思考や感情や欲求を認めず、自分に対して巧妙に隠します。


自我は、外側でうまく対処して、ネガティブな思考や感情や欲求に直面しないで済むようにやり過ごそうとしますが、事故やトラブルなどの問題を通して、結局はそれらを体験することになり、必然的に見ることになります。






自我は、「闇」は隠しておいて、「光」を見ていたいのです。


「闇」との直面は、自我にとってとても嫌なことですが、そのような機会を本性(本当の自分)が用意するのです。
 

誰にとっても、何か問題が起こったときこそが、自分自身と直面したり対話するチャンスです。
 

直面しない限り、認めたくない思考や感情や欲求から逃れることはできないのです。

 
直面するとそこにはまって逃れられなくなると思われるかもしれませんが、むしろ逆で、直面してしまうと逃れることができるのです。
 

このように、「闇」に降参して「闇」を受け入れてしまうと、「闇」も形を変えた愛に過ぎなかったことがわかり、心に「闇」が起こってきても、単なる現象として見れるようになります。




そして、自分の中にある愛を思い出すために、自己と対話をして自分が心から望んでいることが見つかれば、自分のために行動し、望んでいないことは、自分のためにやめる・・・


このようにして、自分を愛し続けます。






ここまで読んでいると、自己との対話は、長くかかり、孤独で辛い道のように感じられるかもしれません。


そんな方は心の内を話すことができる仲間を作ることをお勧めします。

 
その仲間と、自分の話をシェアしていくことができれば、自ずと自己対話ができるようになります。


もちろん、家族やパートナーと心の内を話せるのがベストですが、周りに心の内を話せる人がいないという方は、自分に合った、心の内を話せるコミュニティを探すのもいいでしょう。


ここで、重要なことは自分の心の本音をすべてさらけ出しても安全だと思える環境を選ぶことです。


本音をさらけ出しても安全だと信頼できない限り、心の内をさらけ出すことはできないものです。


安全だと信頼できる場や人がないと、自分の本音にさえ気づく機会を失うということです。


自分の本音に気づけないと、漠然とした物足りなさ、空虚さを抱えて生きることになります。


このように人生において心の内を話すことができる仲間がいることはとても大切なことです。


自分の本音を理解し、自分自身を受容できたとき、相手に求め過ぎたり、期待し過ぎることもなく、相手の本音も理解でき、相手との絆を深めることが簡単になります。


コミュニケーションの悩みは消えていくでしょう。


また、自分の本音を理解し、明らかにしていくことは、悟りへと繋がっているのです。






悟りメンバーシップでは、外部から遮断されたFACEBOOKグループで、誰もが心の内を安心してシェアすることができる場が設けられています。

 
また、私達からのメッセージ動画や文章を随時アップしています。


ご入会いただき、自分の本音をはっきりと理解し、受け入れる場として使っていただき、自分との信頼を回復していただければと思います。


どんな自分自身でも受容してみたいという意欲のある方は、大歓迎です。




12/21(金)、22(土)、23(日)の3日間に、神戸のアカデミーで対面セッション、もしくはzoomによるセッションを開催いたします。


悟りに関心のある方はもちろん、ない方でもお気軽に事務局までお申込みください。




次回の辛酸なめ子さんの新刊「ヌルラン」の出版記念 トーク&ヌルランチャネリングのイベントが来年の1月14日 12:00〜 より(時間が変更になりました)
大阪のロフトプラスワン ウエストで開催が決まりました!
http://www.loft-prj.co.jp/west/

 



私の著書「悟りハンドブック」には、
自覚の詳細が書いてありますので、
是非、ご購読いただければと思います。


satoribook_amazon_banner_tankobon.jpg


このたび、電子書籍(kindle版)も刊行されました。
アマゾンで購入することができます。

 
satoribook_amazon_banner_kindle.jpg



悟りハンドブック公式サイトも新たにできました。






 

 
Dolphinist Academy
ドルフィニスト篤
 
 

 

--------------------------------------------------------- 
 

ブログ・ランキングに参加しています。
このブログを読まれた方は、以下のボタンのクリックをお願いいたします。

 

blog_ranking

| 悟り | 23:42 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://atsu-dolphin.jugem.jp/trackback/1104972
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • 「分かって欲しい」「認めて欲しい」という欲求について
    Y (08/07)
  • 目覚めることは、現実が良くなることではない!
    あや (01/31)
  • 「イルカを愛している!」パレードを行います!
    き〜ちゃん (01/28)
  • 「イルカを愛している!」パレードを行います!
    govinda (01/20)
  • 「イルカを愛している!」パレードを行います!
    ドルフィニスト篤 (01/20)
  • 人に合わせることをやめる!!
    miyuki (12/08)
  • 悟りの観点から見た「決断・覚悟」について
    Ambho (08/08)
  • 「物質」から得る「信頼」「確かさ」について
    taka (06/26)
  • 横浜にて「イルカを守ろう!」パレードを行いました!
    Sachie (06/14)
  • 劣等意識はあなたの考えに過ぎない!
    tatsu (07/19)
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ