<私>を思い出すこと、         それが悟りです!

悟りカウンセラー・ドルフィニスト篤が、
自覚で悟りに至るためのヒントを綴ります。
<< 自己信頼が否定的な感情を征す | main | ネイティブアメリカンの聖地・モニュメントバレーを訪ねて 〜日本人のアイデンティティ〜 >>
ハリウッド〜ラスベガス〜フロリダの旅 すべては完全で完璧!
こんにちは。
Dolphinist Academyのドルフィニスト篤です。




 
5月中旬から17日間ほどロサンゼルスから始まって、
ラスベガス、フロリダとアメリカを周遊し、その後
マスターゲート氏のベトナム・ハノイツアーに参加してきました。

 
しばらく日本を離れていたので、ようやく落ち着いて
ブログを書いています。

 
今回のアメリカへの旅は「イルカくん Goes To Hollywood」の一環として、
「実際にハリウッドに行ってしまえー!!」
という思いから始まりました。

 
最初はその思いだけがあって、具体的に
どのような旅にするかは何の計画もなく、
ハリウッドに行くことだけを決めま
した。
 

海外に行く時は、できるだけ長くいたいと思い、
前後の予定から必然的に日程は決まりました。

 
ハリウッドに行くのなら、以前から行きたかったラスベガスに行って、
最後の閉めは、イルカだからやはり海があって、
南国気分を味わえる所ということで、フロリダに行こうと決めました。


 
私達はこのような長期の旅をするほど経済的な余裕が
あるわけではないのですが、躊躇することもなく、
事前に調べることもしませんでした。


 
最初は軽いノリで決めたにも関わらず、旅を終えてみると
自分でもビックリするような濃い内容になりました。

 
最初にハリウッドに行くことを先日の日比谷での対談の最中に
New Reality inc.の境ご夫妻にお話しすると、
「是非、ハリウッドに一緒に行って、撮影します!」と
申し出てくださりました。


 
撮影のためにハリウッドまで来てくださると・・・


 
しかも、監督になって撮った動画を
映画にまで仕上げてくださるとのことでした!


 
「イルカくんのファンだから」とおっしゃられるのですが、
私達の撮影のために利益を考えず、時間と労力を使って
ハリウッドまで来てくださるというのはなかなかできないことだと思います。



後になって、監督になって映画を創ってみたかったことなどの
お話も伺いましたが、
それにしても、対談のその場で即決断されて、
実行されて・・・まるで私達のようなご夫婦だなぁと思いました(笑)


 
ハリウッドに行ったら、自分たちで撮影するのに
現地でどんなふうに撮影すればいいのだろう??
どんな場所がいいのだろう??などと思っていたので、
このお話は本当にありがたかったです。


 
ハリウッドでは、撮影の段取りをすべて境ご夫妻がしてくださり、
私達は、手配していただいた車に乗って、撮影していただくという
まさにスター気分を味わわせていただきました^^
















 
イルカくんもハリウッドスターになった!と大大大ご満悦でした〜^^










 

また、All of Youの皆さんがサンタモニカの一角で、
歌を歌いながら、イルカに対する愛をピアノと歌にのせて
伝えていらっしゃったので、そこに参加させてもらいました。





 

キーボードやスピーカー、マイク、プラカードなどを
日本からアメリカに持ち込んで、路上でイルカに対する愛を
表現されている姿に感動しました。


 
また、ラスベガスにも、境ご夫妻やお仲間に来ていただき、
何とイルカくんが
「素敵な車に乗ってアメリカをドライブしたいな〜」とつぶやいた
声を聞き逃されずに、ラスベガスの空港では赤いリンカーンを
レンタルしてくださり、ラスベガスの街を走りました!!










 
ラスベガスのきらびやかな街中を赤いリンカーンで走る!!


 
最初の計画には全くないハプニング!



イルカくんのテンションはもうMAXです^^
今となっては夢のようで、忘れられない思い出です。



こんな風に同じことを一緒に楽しめ笑い合える喜びは
本当にありがたいです。








 

カジノ、ショー、ナイトクラブ、おいしい食事、ショッピング・・・
ラスベガスという街は、エンターテイメントのために存在していて、
あらゆる娯楽があって、すべてを忘れて、心から楽しませてくれました。



 
ラスベガスでもイルカと遊べるプールがあったり、
ショーでは、イルカくんの映画についてのインスパイヤーを受けました。



 
また、以前から行きたかったネイティブアメリカンのナバホ族の聖地である
モニュメントバレーにも、ラスベガスから車を運転して1泊で行ってきました。

 






そのエピソードについては次のブログに書きます。



 
ラスベガスの次は、フロリダに飛びました。





 

フロリダは、モニュメントバレーの乾いた大地とは打って変わって、
蒸し暑い南国でした。

 
dolphinistとしてはやはり海のある南国が一番落ち着くようです。
 

フロリダでは、オーランドとマルコ島に滞在しました。











ケネディ宇宙センターでは、宇宙空間には国境もなく
世界が一つであることを改めて感じました。










 
マルコ島では、悟りクラスを受講された方と
自覚しながら過ごす「悟りマルコ島ツアー」を企画しました。


 
実は、マルコ島がどんな島か事前に調べずに行ったのですが、
びっくりするくらい雰囲気のよいリゾート地で、各別荘の前に
クルーザーが停泊できるように運河が張り巡らされていて、
ハリウッドセレブや国賓がバカンスに来るようなとてもおしゃれな島でした!


 
メキシコ湾に面したビーチも白い砂浜が永遠と続き、
海も温かいので、ずーっと長い時間、心地よく泳いでいられるのです。
















                              撮影:林いづみさん



さらに、この島で一番驚いたのは、島の周りにイルカがたくさん
棲みついていて、ボートに乗れば、
いつでもイルカウォッチングができることでした。



日本ではガイドブックにものっていないので、
マルコ島がこんなにイルカが棲みついている島とは露知らず、
期せずしてイルカとたくさん会えました。


 
イルカがこの島に呼んでくれたのでしょう。


 
ツアーに参加してくださった皆様も予想外のイルカの祝福に
大喜びでした!








 

コンドミニアムに滞在したのですが、皆さん日常を忘れて
リラックスして過ごすことができ、マルコ島の開放的な雰囲気の中、
お互いに写真や動画の撮影大会をしました。


 
日頃、表現することがはばかられることも、
マルコ島では思わず言葉があふれてくる・・・



どんどん枠が外れて自由になることを
実際体験をして、皆で盛り上がりました。









 

ツアー後に皆さんを空港まで見送ってからは、
以前から行
きたかったフロリダの南端のキーウェストまで2人でドライブしました。





 

CMなどでおなじみのセブンマイルブリッジ。
8時間近く走り、フロリダを堪能しました〜。


 
ここには書き切れませんが他にも素晴らしい体験がありました。


 

今回の旅は、
ただイルカのようにその場、その場で
瞬間瞬間やりたいことをして、
行きたい所に行くということの連続でした。




計画を立てて仕事をされている方には
信じられないかもしれませんが、
何の計算もなく、自分が喜ぶことを選択し続けました。


 
それで完全で、すべてうまく行くわけです。



悟りツアーに参加された方はイルカのように生きることを
身を持って体験され、ますます喜びあふれていました。



 
この旅を思い起こすと、この宇宙の完全性に鳥肌が立つほどです。


 
瞬間瞬間に私の意志で決めてはいるのですが、
最初から決まっているかのような感覚になります。



もちろん私が旅をしたのですが、あえて言葉にすれば、
私を超えた、私ではないものが介在して
個人の私はただ突き動かされていたという感覚です。


ただすべてはうまく行くという信頼だけがありました。


 
最初に旅の枠組が決まると、あとは自動的に中身が
決まっていき、すべてがゆだねているうちに自動的に展開していき、
すべての選択は完璧で、タイミングも完璧でした。


 
たかが旅の話だと片づけることもできるのですが、
旅は人生の縮図でもあります。


 
事前にあらゆることを想定して準備することもできましたが、
今回はガイドブックもほとんど見ず、
考えることをやめ、起こることに任せました。


 
マインドに従うのではなく、明け渡すことで、
自分の想定を超えた予想外の展開が生まれてきました。

 

今回の旅や出会いが、今後の私達に大きな影響を与えることは
間違いないです。

 

イルカくんのハリウッド映画を創りたいという思いも溢れ、
映画のアイデアも次々湧いています。

 

今後の自分たちの展開も楽しみですが、
どのように展開していくかは自分たちにも分かりません。

 

すべては多くの方々のサポート、支え合い、共同創造があってこそ
生まれました。


 
New Realityの境ご夫妻、All of Youの皆様、スピリチュアルTVのテディさん、
Dolphinist Academyの皆さん、イルカくん☆スタープロジェクトの皆様、
伊勢事務局のゆきさん、そして妻の綾子、
その他この旅行で関わってくださったすべての皆様、
そして、イルカくん&いるかちゃんを始め、高次の存在達に
感謝の思いが溢れてきます。

 


そして「私」自身にも感謝したいと思います。



 
本当にありがとうございました。



----------------------------------------------------------

ブログ・ランキングに参加しています。
このブログを読まれた方は、以下のボタンのクリックをお願いいたします。



blog_ranking

| dolphinist | 18:03 | comments(0) | trackbacks(0) |









トラックバック機能は終了しました。
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • 「分かって欲しい」「認めて欲しい」という欲求について
    Y (08/07)
  • 目覚めることは、現実が良くなることではない!
    あや (01/31)
  • 「イルカを愛している!」パレードを行います!
    き〜ちゃん (01/28)
  • 「イルカを愛している!」パレードを行います!
    govinda (01/20)
  • 「イルカを愛している!」パレードを行います!
    ドルフィニスト篤 (01/20)
  • 人に合わせることをやめる!!
    miyuki (12/08)
  • 悟りの観点から見た「決断・覚悟」について
    Ambho (08/08)
  • 「物質」から得る「信頼」「確かさ」について
    taka (06/26)
  • 横浜にて「イルカを守ろう!」パレードを行いました!
    Sachie (06/14)
  • 劣等意識はあなたの考えに過ぎない!
    tatsu (07/19)
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ