<私>を思い出すこと、         それが悟りです!

悟りカウンセラー・ドルフィニスト篤が、
自覚で悟りに至るためのヒントを綴ります。
<< クロップサークル(ミステリーサークル)に行ってきました! | main | 本当の自分と「非論理」 >>
理想に捕らわれて苦しんでいませんか?
こんにちは。
Dolphinist Academyの小田原篤弘です。


今日は最近セッションやワークショップで感じたことをシェアして
いきたいと思います。


私達は目的や目標を欲しがります。


その目的や目標は、
それを達成した時に皆がいいと評価してくれて、
自分としても満足できるものを設定します。


それに向かっている時は、充実感や達成感を感じられるので、
自分に対してOKが出せるのですが、
目的や目標がないと感じると途端に無力感、無価値観、
虚無感に襲われ、そんな自分を責めるようになります。


特に日本人はただ遊んでいることに罪悪感を覚えるので、
罪悪感を感じなくてすむように予定をいっぱい入れてしまったり、
仕事を増やしてヤッている自分、忙しい自分を創り出します。

また、目標を設定してストイックに前に進んで行ったり、
修行するのが好きです。





例えば、当アカデミーでは「dolphinist(ドルフィニスト)」を提唱し、
「ヒーラー」になるための養成クラスを開催しています。


「dolphinist」や「ヒーラー」というのに馴染みのない方もいらっしゃるので、具体的なイメージを持っていただくためにホームページなどでは、たくさんの写真や言葉を使ってお伝えしています。


すると、それを見た方々が各自のイメージを創りあげます。


「dolphinist」であれば、


・ ハートとハートのコミュニケーションをする人
・ イルカのようにいつも「ワクワク」することをしていて、
  喜びにあふれている人
・ 毎日を楽しんでいる人


などなど・・・



「ヒーラー」であれば、


・ クライアントのありのままを受け入れなければいけない
・ クライアントをうまく導かなければいけない
・ いつも人を助けなければならない


などなど・・・



クラスを受講する前には、それぞれに「dolphinist」や
「ヒーラー」という言葉に対してイメージを持っていらっしゃいますが、
皆さん、とても崇高なものとして捉えていらっしゃる方が多かったです。



そして、「dolphinist」や「ヒーラー」は、ありのままの自分では
足りなくて、程遠いものと設定しています。



・私なんかがdolphinistになるなんて、ほど遠い〜


・ヒーラーになるなんて、自分にできるはずがない


・ヒーラーは特別な人だけがなるもの




クラスを受けた後でも、知らず知らずのうちに、自分が創ったイメージに翻弄されてしまうことがあります。



・日常において、ハートとハートのコミュニケーションができていないと
 感じると、私は「dolphinist」としてダメなんだ〜



・喜びにあふれていない自分がいると、「dolphinist」として失格だ〜



・クライアントのすべてを受け入れなければ、「ヒーラー」としてなってない〜



・もっとしっかりした「ヒーラー」じゃなければいけない・・・



理想的な自分でない自分が出てくると、一瞬にして自己否定し、
自分を責めます。




既にクラスで学んでいる方々は一度考えてみてください。
果たして「dolphinist」や「ヒーラー」のイメージとは何なのでしょうか?




「dolphinist」や「ヒーラー」のイメージは人それぞれが持っていますが、
そのイメージを受け入れ、創り上げたのは自分自身です。



創り上げたイメージに捕らわれて、ありのままの自分をないがしろにしていませんか?



イメージは、ただのイメージです。
そのイメージに捕らわれることを選択しているのは自分なのです。



「dolphinist」や「ヒーラー」のイメージで自分が自分を苦しめるのは
何とバカバカしいことでしょうか?

 



本当にありのままの自分でいいのです。


ハートとハートのコミュニケーションができない時もあります。


激しい怒りを覚えることもあります。


心の状態は喜びだけでなく、常に変化していきます。


そんなありのままの自分を良しとしませんか?


すべての自分を愛し、大切にしてあげませんか?



私達は、「いい」、「悪い」の善悪の価値観に縛られ、

「これは正しいんだろうか?」
「これをやっていていいんだろうか?」
「これは世間的にいいだろうか?」


私達はそんな考えに常に捕らわるあまり、それに合わせようとしています。
でもそうなれない自分がどうしてもいるので葛藤をしてしまい、自分を苦しめています。



絶対的に「いい」、「正しい」、「善」ということはどこにもないのです。



それがどんなにもっともらしくて、権威があって、
昔から言い伝えられた素晴らしいものであっても、
それに対する「いい」、「正しい」、「善」という価値判断は、
あなたの評価であって、あなたの考えに過ぎないのです。



あなたがどんなにそう思っていても、
当たり前のことや絶対のことではないのです。
あなたの隣の人は、まったく違った価値判断をしているかもしれません。



あらゆる考えから自由になってもいいのです。
自分が許可するだけで自由になれます。


たとえそれが自分の理想的な考えだったとしてもです。


「dolphinist」「ヒーラー」だけでなく、理想的な親、夫、奥さん、
上司、部下、先輩、後輩などあなたの中に様々な理想像があると思いますが、
それに捕らわれ過ぎていないか今一度振り返ってみてください。



外側の理想像を追い求めるのではなく、あなたの内側と
繋がり、あなた自身を愛していくことができます。




9/9(日)に葉山で行う1dayワークショップ「dolphinist講座」では、
イルカのように何の捕らわれもなく、自由に生きていくための
秘訣をお伝えしていきます。
http://www.dolphinist.jp/1day/index.html#1day_01


10/5(金)〜11(木)に行う「野生のイルカと泳ぐハワイツアー」では、
自分自身としっかりと向き合い、「あなたの現実はすべて自分自身が
創っている 〜一切唯心造〜」を深く体感していきます。
http://www.dolphinist.jp/spiritual/hawaii/index.html


一週間スピリチュアルにハワイで過ごすことで、あなたが目覚め、
大きな変容をすること間違いなしです!


捕らわれてる理想に気がついたら、その理想から自由に
なってみましょう!



Dolphinist Academy
小田原篤弘



 ----------------------------------------------------------

ブログ・ランキング始めました。
このブログを読まれた方は、以下のボタンのクリックをお願いいたします。


blog_ranking

| 自己との関係 | 14:51 | comments(0) | trackbacks(0) |









トラックバック機能は終了しました。
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • 「分かって欲しい」「認めて欲しい」という欲求について
    Y (08/07)
  • 目覚めることは、現実が良くなることではない!
    あや (01/31)
  • 「イルカを愛している!」パレードを行います!
    き〜ちゃん (01/28)
  • 「イルカを愛している!」パレードを行います!
    govinda (01/20)
  • 「イルカを愛している!」パレードを行います!
    ドルフィニスト篤 (01/20)
  • 人に合わせることをやめる!!
    miyuki (12/08)
  • 悟りの観点から見た「決断・覚悟」について
    Ambho (08/08)
  • 「物質」から得る「信頼」「確かさ」について
    taka (06/26)
  • 横浜にて「イルカを守ろう!」パレードを行いました!
    Sachie (06/14)
  • 劣等意識はあなたの考えに過ぎない!
    tatsu (07/19)
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ