<私>を思い出すこと、         それが悟りです!

悟りカウンセラー・ドルフィニスト篤が、
自覚で悟りに至るためのヒントを綴ります。
<< 癒しフェア・スペシャルゲスト講演&ブース出展します! | main | 「無」から浮かんでくること >>
会陰(えいん)を見る
 
こんにちは。
Dolphinist Academyの小田原篤弘です。


暑い日が続きますが、皆様、いかがお過ごしでしょうか?


今年の癒しフェアでも、講演&ブースとも
たくさんの方にお越しいただき、ありがとうございました。
今年の講演でもイルカくんはノリノリでした!

 
講演のビデオを近日中に「Dolphinist Movie」にアップする予定です。
講演にお越しになれなかった方、是非こちらでチェックしてみたください。
 
 
 
7月下旬から癒しフェア直前まで、昨年に引き続き、韓国の仙人の所へ丹田呼吸の修行に行ってきました。
 
 
今回の修行で特に大きな学びになったことは、「会陰(えいん、第1チャクラのあたり)に意識を集中して座ること」でした。
 
 
会陰に意識を向けて座っていると、普通は普段考えていることや雑念が出てきて、その雑念にいつの間にか捕らわれてしまいます。
そして気づくと、会陰に向けていたはずの意識は、雑念の中に溺れています・・・
 
雑念に捕らわれてしまうと、その下のレベルに自然に行くのは難しいです。
 
 
ここで重要なのが、雑念が出てきても、意志の力を使って会陰に意識を集中させようと努力することです。
ここは少し忍耐が必要です。
 
 
会陰に意識を集中させていると、雑念が表れてきて、それが次第に大きくなる感覚がありますが、それでも会陰に集中していると雑念にくっついている感情を体験することになります。
その感情に溺れるのではなく、ただその感情を味わいながら、意識は会陰を見続けます。
 
 
すると、その感情はやがて昇華され、意識がより深いレベルに自然に移行します。
意識が深いレベルに移行したかどうかは、安心な感覚、静けさの感覚が伴うので自然に分かります。
 
 
雑念が浮かんでくると、その雑念がリアルな感じがして、その魅惑にいつの間にか取り付かれてしまうのですが、その時、真の自分自身と切り離され、霧の中をさ迷っているような状態になります。
もちろんその状態を体験している最中は、その体験がリアルで、霧の中をさ迷っている感覚もありませんが・・・

そんな出口がないような状態でも、意志の力を使って会陰に意識を集中させようとすること、そして会陰を見続けていれば、必ず深いレベルに移行できると信頼することが大切です。
 
 
どんな雑念が出てきても会陰を見続けていると、やがて会陰のあたりや丹田のあたりが熱くなってきます。
 
 
こうなると丹田呼吸が格段にしやすくなっています。
 
 
この状態になるのに45分ほど座り続けられるとベストなようですが、足が痛くなったりしてなかなか難しいので、立った状態で足を肩幅程度に開いて会陰を見続けるのも効果的です。
仰向けに寝て会陰を見るやり方もありますが、だいたい寝てしまうので、あまりお勧めできません。
 
 
ちなみに深い丹田呼吸に入ると、深く自分の中に入るので暑さも忘れられますよ!
 
 
 
このようにただ会陰に意識を向けて座るだけで、雑念や余計な欲望がそぎ落とされて、自然にたくさんのヒーリングや浄化が起こり、シンプルになってきます。
 
 
雑念や執着があると、エネルギーフィールドに余計なエネルギーが残っている状態なので、無理に丹田呼吸をしようとしても、それらにエネルギーを取られて、うまく丹田呼吸ができません。
場合によっては、余計に気が上がって来て、苦しい感じになるかもしれません。
 
 
現代人は毎日が忙しく、マインドでたくさんのことを考えているために、気(火)が上半身に上がりやすく、呼吸も浅くなりがちです。
 
 
まず、意識を会陰に向けて、気(火)を下ろすことで、自然に本来の呼吸(丹田呼吸)になってきます。
 
 
丹田呼吸をしようとせず、ただ会陰に意識を集中して座っているだけでも、かなりの効果があるそうです。
 
 
今回、会陰に集中することで、より丹田呼吸がしやすくなることを体験しました。
 
 
 
より丹田呼吸を深めたいという方は、上半身の力を抜きながら、足の親指、ふくらはぎ、太もも、骨盤に力を入れながら、肛門を締めるようにして呼吸をするとよりパワフルな呼吸ができます。

 
 
 
 
 
こちらは韓国の「俗離山」です。
 
 
この山は仙人が住んでいる山として有名なのだそうです。
 
 
名前からして仙人がいそうですよね。
 
 
この山からはとても強いエネルギーが放射されていて、逸話によると、中国からそのエネルギーの柱が見えたそうで、中国から剣士がやって来て、頂上の岩を剣で切ったそうです・・・
 
 
今ではその岩は修復され、もとに戻っているそうです。
 
 
 
私達はこの山に登り、思う存分山のエネルギーを頂きながら丹田呼吸をしてきました。
 
 
とてもすがすがしいエネルギーで、深い丹田呼吸ができました。
 
 
日本では、自然の中で瞑想する場所を確保するのは難しいものですが、ここは人目を気にせず、静かに過ごすことができました。
 
 
これも仙人の計らいでしょうか??
 
 
 
 
今、地球のエネルギーが高まっている中、同時に人類が抱えているカルマも浮上してきていて、人類全体が共有している生存の恐怖も浮上してきています。
 
 
これからは何が起こっても大丈夫なように、免疫力を高めておくことも大切になってきます。
 
 
仙人に曰く、丹田呼吸で丹田を活性化し、丹田に火を灯しておくことは、免疫力強化になるとのことです。
 
 
 
 
また、丹田呼吸の実習をしたいという方は、ヨガヒーリングクラス(今月は8/31に行います。)ヒーラー養成クラス(10/9からスタートします。)でも行っていますので、そちらのクラスにご参加ください。
仲間と一緒に呼吸をすることで、より深い体験をすることができます。
 
 
丹田呼吸で体質改善し、ますます健康になりましょう。
 
 
 
 
Dolphinist Academy
小田原篤弘
 

 
--------------------------------------------------------------

ブログ・ランキング始めました。
このブログを読まれた方は、以下のボタンのクリックをお願いいたします。

blog_ranking

 
| 丹田呼吸法 | 19:39 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://atsu-dolphin.jugem.jp/trackback/1104851
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • 「分かって欲しい」「認めて欲しい」という欲求について
    Y (08/07)
  • 目覚めることは、現実が良くなることではない!
    あや (01/31)
  • 「イルカを愛している!」パレードを行います!
    き〜ちゃん (01/28)
  • 「イルカを愛している!」パレードを行います!
    govinda (01/20)
  • 「イルカを愛している!」パレードを行います!
    ドルフィニスト篤 (01/20)
  • 人に合わせることをやめる!!
    miyuki (12/08)
  • 悟りの観点から見た「決断・覚悟」について
    Ambho (08/08)
  • 「物質」から得る「信頼」「確かさ」について
    taka (06/26)
  • 横浜にて「イルカを守ろう!」パレードを行いました!
    Sachie (06/14)
  • 劣等意識はあなたの考えに過ぎない!
    tatsu (07/19)
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ