<私>を思い出すこと、         それが悟りです!

悟りカウンセラー・ドルフィニスト篤が、
自覚で悟りに至るためのヒントを綴ります。
<< スピリチュアルな視点から見た放射能に対する対処法 | main | 富士登山しました! >>
期待を手放す
 
こんにちは。
Dolphinist Academyの小田原篤弘です。
 

今日は、他人に対する期待について書いてみたいと思います。

私達は、自分の周りにいる人に対してそれぞれ理想のイメージを持っています。

◆友達だったら
何でも話せて、一緒に楽しみたい、困った時には助け合いたい・・・

◆恋人だったら
私のことをいつも愛してくれて、一番に気にかけていて欲しい・・・

◆旦那だったら
子供の面倒も見て、家事も手伝うマイホームパパであって欲しい・・・


それは、テレビドラマの印象かもしれませんし、雑誌の影響かもしれませんが、
「こうであって欲しい!」という理想を、知らず知らずに作り上げています。


しかし、現実には期待通りにうまく行かないことが多々あります。


・結婚したら家事の手伝いを当然してくれると思っていたけど、旦那が全然してくれない!

・クリスマスに彼氏からどんなサプライズがあるんだろうと期待していたら、
 行き当たりばったりのお店で、気に入らないクリスマスプレゼントだけだった!

・友達にあんなにしてあげたのに、ありがとうの感謝もない!


そんな期待が外れたという話は良く聞きます。
 

期待ばかりしていても、いつもその期待に答えてもらえることは稀でしょうし、
期待が大きければ、裏切られたと感じることも多くなるでしょう。
もちろん、相手は裏切ろうなんて思っていないでしょうし、あなたがそんなに
期待していることにも気づいていいないかもしれません。


そして、あなたが相手に理想像を期待し続けていると、失望し、幻滅させられる場面に何度も出会うことになります。


期待と違った反応をされたり、期待と違う言葉が返ってくると、
不快になりますし、こんなはずではないと混乱します。
 

「もっとできる人だと思っていたのに・・・。」
「この人は、もっと私を幸せにしてくれると思ったのに・・・。」
 

相手に対する期待の裏には、当然「○○なはず」「○○するものだ」というあなたの理想のイメージ、固定観念があります。


相手が、自分の描いていたイメージと違うと、ひどい人だと感じるかもしれませんし、心は乱れ、傷つき、相手を責めたり、非難したくなります。


では、相手はあなたにひどいことをしたのでしょうか?
何か悪いことをしたのでしょうか?


恐らく相手は、あなたを傷つけようなんて思っていなくて、
ただいつもの延長の振舞いをしているだけかもしれません。


その反応、振舞いは、その人らしさの表れなのかもしれません。

たとえ相手を変えたとしても、あなたの期待に100%答え続けてくれる人はいないので、
期待を持ち続けるほど、自分が苦しむことになります。
 


では、相手に期待し過ぎず、幸せな人間関係を育むにはどうすればいいのでしょうか?


その答えは、相手のありのままを見るようにすることです。


友達だったら、困った時に助けて欲しい。
彼氏だったら、すぐにメールを返して欲しい。

「期待」という色眼鏡を通して相手を見てばかりいると、
期待通りでない相手ばかりが目につき、
ありのままの相手のことを見れなくなっています。


もし、相手のことが本当に好きならば、愛しているならば、
これからも一緒にいたいのならば、
もっとありのままの相手を見ていく必要があります。


相手の振舞いがあなたの期待通りではなかったかもしれませんが、
よく話を聞くと、

◆家事を手伝ってくれない旦那は、
 態度で愛情を表現するのが苦手なだけで、あなたのことを誰よりも気遣っているかもしれません。

◆気に入らないクリスマスプレゼントをくれた彼も、
 センスはなかったかもしれませんが、
 あなたのことを思い、一生懸命選んでくれたかもしれません。

◆返事のない友人も、
毎日が忙しくてお礼の連絡ができないだけで、感謝しているかもしれません。
 


ありのままの相手を感じ取っていくことで、距離が近づきます。


人間関係の基本は、ハートとハートの繋がり、信頼関係です。


ハートとハートの繋がりが生まれると、実は相手に期待していたことが
大したことではないと気づくかもしれません。


ベタですが、気持ちさえ通じていれば、他に何もなくても幸せを
感じていられるかもしれません。


友人関係では、「ギブ アンド テイク」で、どちらかが与えた分を
お返しするというのが暗黙のルールになっているようですが、
形よりもその根底にある信頼関係が大切です。


もし、相手が期待通りにしてくれない、どうしてしてくれないんだろうと考え過ぎて、
自分が苦しくなっていたら、相手に対する期待に捕らわれすぎているというサインです。

当然「○○なはず」「○○するものだ」など、
あなたはどのような理想像、固定観念に縛られているでしょうか?
 
 
相手に対する期待は本当に妥当でしょうか?
相手に求めてばかりいないでしょうか?
ありのままの相手を見ているでしょうか?
 
 
今一度、自分自身に問い掛けてみましょう。
 
 
7/2(土)に開催される1dayワークショップ「愛あるパートナーシップを築く」では、
お互いに期待を向け合うのではなく、ありのままを認め合い、
しっかりとした信頼関係を築いていくための大切なお話やワークをしていきます。


是非、真の愛に目覚め、愛のあるパートナーシップを築きましょう。

ちょっとの気づきと手放しで、あなたを取り巻く人間関係が大きく変わるでしょう。


この機会に今よりもっと幸せになりましょう!
 

  
Dolphinist Academy
小田原篤弘



--------------------------------------------------------------

ブログ・ランキング始めました。
このブログを読まれた方は、以下のボタンのクリックをお願いいたします。

blog_ranking


| 対人関係 | 02:05 | comments(0) | trackbacks(0) |









トラックバック機能は終了しました。
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • 「分かって欲しい」「認めて欲しい」という欲求について
    Y (08/07)
  • 目覚めることは、現実が良くなることではない!
    あや (01/31)
  • 「イルカを愛している!」パレードを行います!
    き〜ちゃん (01/28)
  • 「イルカを愛している!」パレードを行います!
    govinda (01/20)
  • 「イルカを愛している!」パレードを行います!
    ドルフィニスト篤 (01/20)
  • 人に合わせることをやめる!!
    miyuki (12/08)
  • 悟りの観点から見た「決断・覚悟」について
    Ambho (08/08)
  • 「物質」から得る「信頼」「確かさ」について
    taka (06/26)
  • 横浜にて「イルカを守ろう!」パレードを行いました!
    Sachie (06/14)
  • 劣等意識はあなたの考えに過ぎない!
    tatsu (07/19)
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ