<私>を思い出すこと、         それが悟りです!

悟りカウンセラー・ドルフィニスト篤が、
自覚で悟りに至るためのヒントを綴ります。
<< スピリチュアルな視点から見た放射能の意味 | main | 期待を手放す >>
スピリチュアルな視点から見た放射能に対する対処法
 

こんにちは。

 

なかなかブログを書けず、久しぶりにブログを書きます。

 

今日は福島原発事故以来、問題となっている放射能について

スピリチュアルな観点から書いてみたいと思います。

 

先日のワークショップ「今月のメッセージ公開収録」の中でお話した
内容ですが、
この放射能の問題は、すべての日本人に課題を
突き付けています。

 

たった今、放射能が切実な問題となっていらっしゃるすべての方に

少しでも助けになればとの思いで、この記事を書きます。

 

 

*****************

 

 

3月の震災から始まった福島原発事故では、
原発があった地域を
中心に甚大な放射能汚染が広がりました。

 

私達がいる葉山も健康に影響がないレベルとは言え、
ごく微量の放射能汚染がありました。

 


放射能とは、放射線を放出する能力がある放射性物質のことで、

原子核崩壊の際に放出される放射線には、
アルファ線ベータ線
ガンマ線の3種類があります。

アルファ線は、高速で飛ぶヘリウム原子核、

ベータ線は高速で飛ぶ電子または陽電子、
ガンマ線は
強いエネルギーを持った電磁波です。



放射能が危険な理由は、
放射性物質から放出されるこれらの放射線
が、

私達の身体と高速で衝突する、
あるいは、強力な電磁波を浴びることによって

細胞自身や細胞内のDNAを破壊するからです。

 

自然界では、鉱物や宇宙から放射線が常に降り注いでいて
生物は
そんな中でも生きていけるように、
破壊されたDNAを修復させる力を
持っていて
通常はそれで生命を維持できるようになっています。

 

しかし、自然界に通常ある放射線以上に大量に浴びる事態が起こったり、

少量でも長時間浴びる事態では、それに対処できずに、
細胞ががん化したり、
子供への遺伝的な影響が生まれたりします。

 

 

放射線の人体への具体的な影響度などは専門家の方に任せるとして、

放射性物質から放射線が放出されるメカニズムを振り返りながら、

放射能に対する対処法についてお話します。

 

そして、次のブログで放射能のスピリチュアル的な意味に迫ります。

 

 

放射能に対する対処法を考えるとき、
放射性物質から放射線が放出される
メカニズム理解しているのと、
していないのとでは受け止め方が違ってくるので

退屈かもしれませんが、まずはお付き合いください。


私達の周りは、テーブルやいすなど様々な物質で囲まれています。
それらが例えば木製であれば、炭素、窒素、酸素、水素、リンなどの原子で
構成されていますが、それらの原子は、放射線を放出しません。

それに対して、ニュースで話題になっているヨウ素(131)や
セシウム(137)などの放射性物質は、放射線を放出します。

放射線を出す、出さないの違いはどこから来るのでしょうか?
放射線はどこから生まれるのでしょうか?


放射線は、非常に小さな領域で生まれます。

物質を構成しているのが原子ですが、
その原子は、中心に存在する原子核と
その周囲に存在する電子で
構成されています。

 

放射線は、放射性物質の原子核が崩壊することで、放出されます。



私達の周りに当たり前に存在する物質も、原子で構成されていて、
その中心には原子核が存在するのですが、エネルギー的に
安定しているので、原子核の崩壊が起こらないのです。

それに対して、放射性物質は、エネルギー的に不安定なため
原子核が
崩壊します。


原発内部で、ウラン原子の核分裂の副産物として人工的に生成された

これらの放射性原子は、半減期が8日とか30年とか言われていますが、

宇宙創世からの長い歳月から見れば、非常に寿命が短く、
別の安定した
原子に生まれ変わるための過渡期の姿なのです。

 

 

寿命が短いこれらの放射性物質の原子核が、いつ放射線を放出するかは

量子力学的な確率の問題になってきます。


 

例えば、半減期が8日と言われるヨウ素(131)の原子を1個だけ取り出せたとして、その原子がいつ放射線を放出するかに注目して観察したとすると、実は今この瞬間に放射線を出すかもしれないし、あるいは8日後かもしれないし、あるいは1年後かもしれないし、もしかしたら10年後かもしれないのです。

 

半減期8日ということは、
8日後までに放射線を放出している確率が50%だという
だけで、
あくまで統計的なもので、10年後の確率はゼロではないのです。

そして、いつ放射線を放出するかの確率は、
温度や圧力、磁場や電場、放射性物質が別の原子と化学結合をしているかどうかなど、外部の環境に原子核は全く影響を受けず、独立しています。

ですから、外からの刺激によって放射線の放出をコントロールできません。

 

 

このように現代科学では、放射性物質がいつ放射線を放出するかをコントロールできないのです。

 

原発は、発電をする代わりに、
このような不安定な放射性物質を大量に
創り出しているということです。

 

ウランを核分裂させ、原子核からエネルギーを取り出し、
放射性物質も一緒に
創り出すことは簡単なのですが、
創り出してしまった放射性物質をコントロール
することは人類にはできず、
コンクリートで固めるなど原始的な封じ込めしか
できないのが現状です。

 

 

スピリチュアル的な視点から見ると、

放射性物質に対して直接働きかけられるのは、高次の愛しかないでしょう。

 

放射性物質は、もともとはウラン原子ですが、
人間の都合で核分裂させられて、
エネルギーを放出し、
不安定な状態で存在している・・・ある意味で、

宇宙で最も愛を必要としている物質なのかもしれません。

 

愛に飢えている状態というのは、人間でもそうですが、
周囲にとって危険なものと
なる可能性があります。

 

 

スピリチュアル的には原発事故の当時、
世界中の多くの方が事故が収束するように
祈りましたが、
この祈りによって宇宙的な存在による高次のテクノロジーが召喚され、

高次の愛によって放射性物質の錬金術的な変容が行われました。

 

そのお蔭で、事故が最小限に収まったようです。

 

 

このような放射能に対して私達ができることは、基本は放射能から身を守る防御です。

細胞内の秩序を破壊してしまう放射能を大量に受け止められるほど、

まだ人間は高次の愛に開いていませんし、進化もしていません。
ですから被曝は
最小限にしておくことに越したことはありません。

 

そして、放射線によってDNAが傷つけられても、
修復できるように免疫力を
高める努力をすることが大切です。

 

また少しでも高次の愛に繋がれるように
日々、瞑想をしたり、ヨガをしたり、
祈りをすることがとても有効です。

 

プレアデスの存在からの情報では、
日本人には放射能に対する耐性があると言われていますが、
放射能レベルが高い地域で、放射能に対して、
「私は大丈夫!」という過信は危険だと思います。
あなたがヒマラヤのマスターのようにどんな環境でも生きていけるなら別ですが・・・

 

ただ、必要以上に放射能を怖がることで、
日常で精神的な緊張をいつも感じたり
また放射能に神経を使いすぎて、
日々悩むことはストレスを増やし、逆に免疫力を下げ、DNAの修復ができなくなります。

また屋外での活動を自粛することでストレスが蓄積し、
逆に健康を害してしまい
ますので、過敏になり過ぎないように注意する必要があります。

 


 

◆放射能に対する対処法

 

・放射能に触れる機会を減らし、身を守ること

  放射能レベルが高い所に行くことはできるだけ避ける

  食べ物や水もできるだけ放射能汚染されたものを避け、内部被曝を防ぐ

 

・日々、バランスの良い食事を取り、運動をして体力をつけ、免疫力を高める
  ストレスをできるだけ減らし、休息の時間や睡眠時間を長く取るようにする

  放射線によってDNAが傷つけられても、修復する力が増す

 

・日々瞑想やヨガを行って、ハイヤーセルフ、高次の自分との繋がりを回復する

  免疫力が高まり、放射線によってDNAが傷つけられても、修復する力が増す

 

・潜在意識にあるネガティブな感情、思考(人生に対する諦め等)を直視し、手放す

  そのままの自分を愛せない自分がいることに気づき、許していく

  肉体だけでなく、感情体、精神体、スピリット体までを健康に保つ

 

・放射能が軽減されるように祈りを行う
  
被災者、日本、世界のために祈る、自分のことや家族のことも祈る
  高次の存在にお願いする
  祈ることで、内なる愛や平和とつながる

 

自分を愛するワークについては次のブログで詳しくお話します。

 

 

以上は、放射能あるなしに関わらず、まさに霊的成長のプロセスそのものです。

 

今回の事故は、ただ、放射能を怖がるだけでなく、この事故をきっかけに

自分がどんな存在なのか真摯に向き合い、知る機会が与えられている

のではないでしょうか?


そして、それはすべて霊的な成長につながっているのでしょう。



当アカデミーでは、毎月第4水曜日にヨガ・ヒーリングクラスを行っています。
このクラスの中で行う丹田呼吸は、エネルギーを充電し、免疫力を高めるのにとても効果的です。


覚えることで自宅でもできるようになります。
ピンと来た方は、参加してみてください。


 

Dolphinist Academy

小田原篤弘

 

 

 

 

| 原発 | 13:42 | comments(1) | trackbacks(0) |
こんにちは、ドルファームです。
先日の公開収録とコバさんの結婚パーティーとてもたのしかったです☆

公開収録でヨウ素131での半減期をこちらでは5日と言いましたが、正しくは8日でした。間違った情報を教えてしまい、すみませんでした。
| ドルファーム | 2011/06/16 11:01 AM |










トラックバック機能は終了しました。
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • 「分かって欲しい」「認めて欲しい」という欲求について
    Y (08/07)
  • 目覚めることは、現実が良くなることではない!
    あや (01/31)
  • 「イルカを愛している!」パレードを行います!
    き〜ちゃん (01/28)
  • 「イルカを愛している!」パレードを行います!
    govinda (01/20)
  • 「イルカを愛している!」パレードを行います!
    ドルフィニスト篤 (01/20)
  • 人に合わせることをやめる!!
    miyuki (12/08)
  • 悟りの観点から見た「決断・覚悟」について
    Ambho (08/08)
  • 「物質」から得る「信頼」「確かさ」について
    taka (06/26)
  • 横浜にて「イルカを守ろう!」パレードを行いました!
    Sachie (06/14)
  • 劣等意識はあなたの考えに過ぎない!
    tatsu (07/19)
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ