<私>を思い出すこと、         それが悟りです!

悟りカウンセラー・ドルフィニスト篤が、
自覚で悟りに至るためのヒントを綴ります。
<< こんな時こそ、「dolphinist」を目指そう! | main | 自己実現するためのエネルギーの使い方 >>
愛あるパートナーシップ
こんにちは。

秋がどんどんと深まっていきますが、いかがお過ごしでしょうか?

今日はパートナーシップについて書いてみたいと思います。


パートナーシップは、日本語で言うと「協力関係」。

友人との関係、親子、家族の関係、先生と生徒の関係、
職場の人間関係など様々な関係性がありますが、
最も親密な関係となるのが恋愛のパートナー、もしくは夫婦だと思います。

「うちはそんなに親密じゃないけれど・・・」とおっしゃる方もいると思いますが・・・



男女の繋がりは、時にはお互いの個を超えて、完全な繋がり、ワンネスにいたることがあります。

性には神秘が隠されています。

ただ肉体的な性だけを求めているのであれば、一時的な満足しか得られず、本当の繋がりは生まれないでしょう。

精神的にも、感情的にも、そしてスピリットとしても繋がることで、
私達は恍惚の状態になることができます。

そのためにはお互いに深い共感と分かち合い、そしてお互いに完全な明け渡しをしようというコミットが必要です。

表面的な繋がりだけではなく、内面の繊細な部分まで共有することになります。

「あなたは私。私はあなた。」のような状態になります。


男女間にどれだけの信頼とコミットを作れるかが、愛あるパートナーシップを作れるかの鍵です。


そしてお互いが自分のスピリットを自覚し、
「何のために一緒に時間を過ごしているか?」
時間を共有している目的を知っているほど深い関係を築くことができます。


そうすることで意味ある時間を共同創造することができます。
これは、とても深い「協力関係」です。


普通の恋愛では、そこまで求めていないかもしれませんが、お互いが求めれば、どんな関係にもそうなれる可能性があります。


そのためには相手の悪い面ばかりに焦点を当てて、イライラしたり、愚痴を言っているばかりでは、そのような関係が築けないのは明らかです。

お互いのスピリットの部分、神聖な部分を見なければいけません。



矛盾するように感じるかもしれませんが、実は、本当の意味で深く繋がった関係では、逆にお互いを尊重した独立した関係になります。


イルカは、お互いが意識で繋がっているワンネスの状態ですが、それぞれが独立しています。仲良く、スキンシップもありますが、必要以上に関わらず、ただお互いが繋がっていることを信頼しています。

必要な時に助け合うけれど、普段は自由に過ごす・・・



人間も、お互いにやりたいことが違うし、持っている価値観やバックグラウンドも違うので、お互いを尊重し、ある程度の距離感がある方が双方にとって過ごしやすく、本来理想的なのでしょう。

でも、人間はそれでは寂しくて、もっと関わらずにはいられません。
だから、ついつい相手に絡みついていったり、過剰に期待してしまったり、束縛してしまいます。


人間は、孤独を感じる寂しがり屋。
ですから、人との繋がりを求め、高度な社会を築いてきました。
この社会では、繋がりを持たずに一人では生きていけません。

子供も、人のぬくもりや愛情があって初めて寂しさを克服し、健全に育ちます。
人間には愛のあるパートナーシップ、健全な関わりが必要です。

人間が、寂しさを完全に克服することは難しいでしょう。



ならば、関わるときにはお互いを尊重でき、気持ちよくいられる距離感を保つことが大切です。


自分の寂しさをすべて他人の存在によって満たそうとすれば、そこに必ずトラブルが生まれます。

他人にばかり期待し、認められようとすれば、相手が嫌がったり、怒るのも自然なことです。

過食や薬、アルコール、性にのめり込み過ぎたり、中毒になる原因のほとんどは寂しさです。

外側の何かで心を埋めようとしても、寂しさは癒されませんし、
外側の刺激だけでは一時しのぎに過ぎないでしょう。


ハートを満たすには、自分を愛する以外にありません。
自分との信頼を築き、自分は元々完全な存在だと知ること。


愛あるパートナーシップはその延長にあります。
さて、続きはワークショップでしっかりワークしましょう。



11/14(日)の1dayワークショップ「愛あるパートナーシップを築く」では、
パートナーとの関係はもちろん、家族や職場の人たちとの人間関係をより良いものにするための秘訣をお伝えしていきます。


現在、パートナーがいらっしゃらない方、既にパートナーがいらっしゃる方、人間関係を癒したい方にもお勧めです。



家族と私
仕事と私
家事と私
近所などコミュニティと私
家と私
趣味と私
目の前のパソコンと私(笑)


星の数ほどのパートナーシップがあります。



先日、日本で一番おいしいお米を作ると言われている農家の方の番組をNHKで見ましたが、その方は有機栽培でお米を作っていらっしゃるのですが、自分が育てている稲に対する愛情の掛け方が半端なく、いつもいつも稲のことを気にかけ、稲に対して声を掛け、丁寧に雑草を取り、稲の気持ちになって水を管理するなど、すべてにおいて労力を惜しまず、その姿が感動的でした。

あれだけ愛情を掛けられると、それに応えて、お米もおいしくなるんだなと思いました。


人生は人同士の関係だけに限らず、あらゆる物とのパートナーシップの連続でもあります。

パートナーシップによって人生が展開する。

人生を充実させるには、一つ一つのパートナーシップにどれだけの愛を瞬間瞬間に注げるかにかかっています。


あなたは何に愛を注ぎますか?



ドルフィンライフマスタリースクール
小田原篤弘

| 対人関係 | 16:19 | comments(0) | trackbacks(0) |









トラックバック機能は終了しました。
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • 「分かって欲しい」「認めて欲しい」という欲求について
    Y (08/07)
  • 目覚めることは、現実が良くなることではない!
    あや (01/31)
  • 「イルカを愛している!」パレードを行います!
    き〜ちゃん (01/28)
  • 「イルカを愛している!」パレードを行います!
    govinda (01/20)
  • 「イルカを愛している!」パレードを行います!
    ドルフィニスト篤 (01/20)
  • 人に合わせることをやめる!!
    miyuki (12/08)
  • 悟りの観点から見た「決断・覚悟」について
    Ambho (08/08)
  • 「物質」から得る「信頼」「確かさ」について
    taka (06/26)
  • 横浜にて「イルカを守ろう!」パレードを行いました!
    Sachie (06/14)
  • 劣等意識はあなたの考えに過ぎない!
    tatsu (07/19)
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ