<私>を思い出すこと、         それが悟りです!

悟りカウンセラー・ドルフィニスト篤が、
自覚で悟りに至るためのヒントを綴ります。
<< ヒーラー養成クラス | main | 愛あるパートナーシップ >>
こんな時こそ、「dolphinist」を目指そう!
今、日本に元気がないと言われています。

最近のニュースや新聞で目にする言葉は、

「低迷する景気、雇用不安、少子高齢化、中国、韓国など台頭するアジア勢力・・・」

どれも気分が暗くなるものばかりで、
若い人が希望にあふれた将来像を描くことが難しい社会と言われます。



でも、こんな時こそ、あえて「dolphinist」を目指しましょう。と言いたいです。

「dolphinist」は、イルカのように毎日好きなことをして、
「ワクワク」して生きていく人のことです。

いつも自分の喜びを大切にします。


「でも、こんな世の中で、喜びに生きるなんて不可能じゃない?」
と感じられると思います。


でもそれは、考え方一つで可能にできるのです!


実際に、こんな時代でも「dolphinist」はたくさんいて、
いつも幸せで、喜びを追求しています。



自分が創り出す現実は、自分が信じていることの反映です。

誰もが自分が信じている世界を生きているのです。


日本も世界も不景気で停滞しているから、自分の活動を縮小させる・・・

自分を守ることは大切ですが、前向きで拡大・成長していく発想が持てず、
守ることしか考えていなければ、どんどんそういう現実になっていくでしょう。


何もしなくても右肩上がりで拡大できた時代とは違い、世の中が縮小していく中で、
今までの思考パターンでは、これからは通用しないかもしれません。




自分から意志を持って行動して、喜びの現実を創っていく時代です。


宇宙はその意志に答えてくれる時代になってきました。


逆に、従来の価値観の延長に未来像を描いていると先がなくなります。


自分の喜びに忠実であれば、喜びにあふれた現実を手に入れることができるのです。


何度も言いますが、あなたの持っている信念が現実を創ります。



メディアが発信していることをそのまま信じ、それに従って守りの人生を生きれば、
そういう人生になります。


あなたは無意識にメディアや社会の被害者となり、
心に恐怖や苦しみの種を植え続けますか?


それとも自分を大切にして、意識的に喜びの種を植えるようにしますか?



自分の人生をどうするかは自分で決める権利があります。


そしてどの道に進むにしても、その結果起こることの責任は自分が負うことになります。


どの道を進んでも、その道で生きていくというコミット・覚悟は必要です。


軽いノリで始めたことでも、自分の行動には責任がついてきます。




宇宙は後押しをしています。
「あなたがずっとやりたくて、ずっと温めてきたことは何ですか?
それを始めてみてはいかがですか?」と。

じゃあ転職しなければ!なんて考えなくても、
趣味から始めればいいのです。


食が好きな人は、料理の世界に入ってみる。

創る側になるのも、紹介する側になるのも、食べ歩きを楽しむのもいいですし、
庭やベランダのプランターで食材を創るのも面白いですね。

昔から絵を描くのが好きだった方は、個展を開けるように目指してみる。

音楽が好きだった方は、周囲の人に聞いてもらう機会を創る。

ファッションが好きな方は、洋服のアレンジをしてみる。

人生の生き方など精神的なことに興味をお持ちの方は、
哲学や心理学、ヒーリングについて学んでみる。


好きなことをやるとなると、
今まで全くやったことがないことにチャレンジすることになるかもしれません。

周りの人の好奇の目にさらされるかもしれません。

周囲の人とのあまりのギャップに悩むかもしれません。



でも、それを理由に諦めてしまってもいいのでしょうか?



生命力の基本は成長・拡大です。


私達は成長・拡大できない状況では、欲求不満・ストレスを感じます。

向上心を持てずに、毎日同じ仕事を繰り返している時などは、
ストレスで苦しくなります。

逆に向上心を持っていれば、同じことの繰り返しの中に喜びを見出し、
楽しんで行うことができます。


どんな困難な状況でも、どこかのレベルで成長・拡大しています。


自分が成長し、拡大していくイメージを持ち続けましょう。



人生は一筋縄では行かず、難しい。
でもやりがいがありますね。



Dolphinist Academy
小田原篤弘


| dolphinist | 12:25 | comments(1) | trackbacks(0) |
生きてくためのかなりヒントになりました。ありがとうございます。景気の悪化や、雇用の悪化とか、新聞やテレビを見るとけっこう、凹んだり、暗い気持ちになってしまいがちでしたが、情報だけ見て暗い気持ちになって終わるのはなんだか損ですね。かなりいいみちしるべになりました。ありがとうございます。
| maki | 2010/10/14 7:46 PM |










トラックバック機能は終了しました。
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • 「分かって欲しい」「認めて欲しい」という欲求について
    Y (08/07)
  • 目覚めることは、現実が良くなることではない!
    あや (01/31)
  • 「イルカを愛している!」パレードを行います!
    き〜ちゃん (01/28)
  • 「イルカを愛している!」パレードを行います!
    govinda (01/20)
  • 「イルカを愛している!」パレードを行います!
    ドルフィニスト篤 (01/20)
  • 人に合わせることをやめる!!
    miyuki (12/08)
  • 悟りの観点から見た「決断・覚悟」について
    Ambho (08/08)
  • 「物質」から得る「信頼」「確かさ」について
    taka (06/26)
  • 横浜にて「イルカを守ろう!」パレードを行いました!
    Sachie (06/14)
  • 劣等意識はあなたの考えに過ぎない!
    tatsu (07/19)
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ