<私>を思い出すこと、         それが悟りです!

悟りカウンセラー・ドルフィニスト篤が、
自覚で悟りに至るためのヒントを綴ります。
<< 映画「アバター」を見て | main | ヒーラー養成クラスを終えて >>
イルカ的「シェアリング」
クラスやセッションなどで、多くの方々の心と接してきて感じることは、
今、心の悩み、心の本音を分かち合い、励まし合い、高め合うことが
できる場を多くの方が求めていることです。


今の社会はすべてがものすごい速さで流れ、
どんどん処理していかないと置いていかれる・・・
スピードが重視され、すべてが効率的に流れていきます。

消費者は物を買う時やサービスを受けるときに、「何が得られるのか?」
「何が受けられるのか?」
その機能性ばかりに焦点が当てられ、それ以外に付随している
様々なものがそぎ落とされています。

とても合理的に経済が回っているかのようですが、
それに伴って心までもが切り捨てられています。

しかし、心はなかなか合理的には行きません。

人は、理性は合理的にコントロールできると思いがちですが、
実は思考をコントロールするのは難しいことです。

その証拠に、訓練しない限り、瞑想すれば雑念だらけになるのが普通です。
直感や感情は合理的には行きません。

心というものは本来、非合理的なものなのです。

心を合理的な社会システムに合わせようとすると必ず歪が生まれます。


昔の方々の話によれば、もっと時間がゆっくり流れていたんだろうなと思います。

もちろん、毎日労働があって、忙しかったと思いますが、
そこには変わらない生活の営みがあって、それをもっと味わっていたように思います。
味わう余裕があったのではないでしょうか。

そして人情味もありました。

親戚や近所の付き合いがしっかりあり、
地域には必ず寺や神社があって、人はそこに集うことができ、
自然にコミュニケーションがありました。

連帯意識があり、助け合いの精神ももっとありました。
そうしたコミュニケーションの中で人は自然に育っていきました。

私の生まれた頃は既に社会は効率化され、今の社会に近かったと思いますが、
それでも、昔の話を聞くと郷愁を覚えます。


現代では、人生に対してすべて個人が責任を取ることを求められるようになりました。

欲しい人生を手に入れるには、能力、効率性、専門性を求められます。

自己実現するにはチャンスがあり、素晴らしい時代なのでしょうが、
皆、周囲の人に優しく接している余裕はなくて、自分の人生を生きるのに必死です。

ボーっとしていると置いてかれる時代です。

そして自分勝手な個人主義ばかりになっています。

皆、「個」という枠の中に入り込んでしまっています。


そして、今では隣の人が普段どんな生活をしているのか知りません。
すべてが分断されているのです。

そして、皆、簡単に孤立してしまうようになりました。


お互いがあまりにも境遇や価値観が多様化してしまって、
分かりあうことが難しくなりました。

親子でも世代の差があるので、価値観を共有するのが難しく、
家族の中でさえ、悩みや心の本音を共感し合えません。


そして共感し合える場を渇望しているのです。


私達の心が健康に成長するために、心に何らかの拠り所や安心感を
持てるものが必要になってきます。

「小さい時はずっと怒られながらも、ここまで『何くそ』と思ってやってきたぞ!」
という方もいらっしゃると思いますが、そんな方にもどこかに
安心が持てる拠り所があったはずです。

対象は小さい頃の原風景かもしれませんし、飼っていた動物の場合もあるかもしれません。

一緒に住んでいたおばあちゃんかもしれません。

そうした心の拠り所は、母親のように無条件に自分を受け止めてくれます。


心の中にこの感覚が欠如したとき、人生に自信が持てず、
たとえ能力があってもどこへ向かって良いのか指針が持てなくなるでしょう。


これは頭で合理的に考えたらできるというものではないのです。


今の社会はこの母親的な無条件に受け止める社会の基盤がなくなってしまっています。
これは心においてもそうです。

ですから心の危機の時代と言われています。



私達は心の悩み、心の本音をグループでお互いに分かち合い、共有することを
「シェアリング」と呼んでいます。
イルカは、群れの仲間と常にシェアリングを行っています。

クラスやセッションでは、このシェアリングをたくさん行います。
http://www.dolphin-life.com



最初は、自分の体験を話すことに慣れていなかったりして戸惑う方もいらっしゃいます。

しかし、自分の体験を話したり、グループの話を聞いているうちに、
意外と皆同じような体験をしていて、人間は基本的に同じなんだという感覚が生まれてきます。
すると、自分が肯定された感覚になり、自信が生まれるのです。


「この私でもいいんだ!」と。


この「受け入れられた」という体験は、実際にしてみないと内的な変化は起こりません。



*******************


私は子供の教育は専門ではありませんが、このシェアリングは、
子供の教育においてもとても重要だと思われます。



子供が何かトラブルを起こしたり、悩みを抱えることは日常茶飯事だと思います。
子供はそうした経験からも多くのことを学び、成長します。

ただそのトラブルや悩みが成長のプラスになるようにしてあげることが
子供の教育においては重要だと思います。

子供の教育において、日々、子供が何を感じているか、
その本音をシェアすることで、自分の意見を明確にし、
言語化する練習になります。

また他人の話を聞くことで、様々な立場があることを知り、
思いやり、共感する能力を身に付けられます。

そして最も重要なことは、皆に受け入れられているという感覚を育てることができることです。
「このグループにいていいんだ。安心なんだ!」と。


このシェアリングにおいて、先生やシェアリングをファシリテートする人の役割が非常に
重要になります。

ファシリテーターは、常に全体を見ていて、好き嫌いで判断することなく、
多数派に流されることなく、いつもすべての子供に平等に接し、
どんな些細な意見、思いも大切に取り上げる姿勢が問われます。

誤魔化すことなく、子供の心にまっすぐ向き合います。
子供一人ひとりがちゃんと尊重されることが大切です。

そして、誰かが悩みを抱えていたり、問題があれば、その問題をグループ全員が
共有し、寄り添う姿勢を創り出すことです。


これを日々するには、相当なグループに対する深い愛と献身の気持ち、
熱意と精神力を求められると思います。

教育の現場では、ここまでのシェアリングを取る時間が取れないかもしれません。

しかし、子供の社会でいじめ等が起こるのは、
大人の社会が分断されきている結果だと思います。

子供は信頼感を持てず、不安なのです。

今こそ学業だけでなく、充分なシェアリングが必要なのでしょう。



ドルフィンライフマスタリースクール
小田原篤弘



| 対人関係 | 02:06 | comments(1) | trackbacks(0) |
こんにちは、タカさんです。篤弘さんのシェアリングは核心を鋭く突くものばかりで、いつも勉強になります。ありがとうございます!!

 しかも今回は「教育」についてもシェアリングなさっているので、私のツボをぐいっと押してくれたような感覚です。とても興味深く読ませていただきました。

 最近では子供の虐待のニュースも飛び交っているのでそれを見るたびにすごく心が痛ましいです。いじめもそうですね・・・。 

 私も幼いころは心の拠り所がないまま育ってきた覚えがあります。しつけのつもりで両親に嫌というほど叩かれたり、罵声を浴びせられたり、はたまた学校で苛められたり。まるで、自分の存在を認めていないかのような感覚を22年間背負ってきました。そのことを思うと辛くて辛くてたまりません。このコメントを書き込んでいるうちに涙が止まりませんでした。

 でもイルカくんと出会って、背負ってきた22年間の感覚が一気に無くなり、すごく気が楽になりました。もし、イルカくんと出会わなければ、「ドルフィンライフ」を提唱してくださった篤弘さん・彩子さんと出会わなければ、そして何より「ドルフィンライフ」という存在すらなかったら、私はもうここにいなかったのかもしれません。一度自殺を考えたほどですので、本当に救われました。

 改めて、皆さん本当にありがとうございます!!!

 
 

 

 

 
 

 
 
| タカさん | 2010/03/09 9:06 AM |










http://atsu-dolphin.jugem.jp/trackback/1064156
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • 「分かって欲しい」「認めて欲しい」という欲求について
    Y (08/07)
  • 目覚めることは、現実が良くなることではない!
    あや (01/31)
  • 「イルカを愛している!」パレードを行います!
    き〜ちゃん (01/28)
  • 「イルカを愛している!」パレードを行います!
    govinda (01/20)
  • 「イルカを愛している!」パレードを行います!
    ドルフィニスト篤 (01/20)
  • 人に合わせることをやめる!!
    miyuki (12/08)
  • 悟りの観点から見た「決断・覚悟」について
    Ambho (08/08)
  • 「物質」から得る「信頼」「確かさ」について
    taka (06/26)
  • 横浜にて「イルカを守ろう!」パレードを行いました!
    Sachie (06/14)
  • 劣等意識はあなたの考えに過ぎない!
    tatsu (07/19)
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ