<私>を思い出すこと、         それが悟りです!

悟りカウンセラー・ドルフィニスト篤が、
自覚で悟りに至るためのヒントを綴ります。
<< 繊細な人達へ | main | 自己弁護 >>
裸の王様
こんにちは。

クリスマスパーティーにお越しいただいた皆様、ありがとうございました。
お陰様で、とても盛り上がり、楽しいひと時を過ごさせていただきました。


久しぶりにブログを書きます。

今月のイルカくんからのメッセージは、
「互いの違いの奥にある共通点を見い出し、1つに融合し、
ワンネスの世界へと進んで行きましょう!」
でした。

最近、「みんなは一つ」、ワンネスという感覚が増しているのを感じます。

ハートとハートの繋がりがどんどんと強くなり、
お互いがどんな存在で、どんなエネルギーを持っているのか、
ヒーラーでなくても誰でも感づいてしまう、分かってしまう時代です。

どんどん隠しごとができなくなってくるのでしょうね〜。

ハートとハートの繋がりに境界がなくなる・・・
これからはグローバル・シンパシー(世界共感)時代とでも
言うのでしょうか??


今まで、人に甘く見られないためとか、認められるためとか、愛されるためとか、
優位な立場を掴んで、人をコントロールしようと頑張ってきた人も、
心の中で力が入り、緊張を生んでいるのが隠せなくなっていきます。

本人はバレないように、一生懸命、理想の自分を演じているつもりですが、
内側で頑張って戦い、力が入っている姿が丸見えになってきます。

でも本人はそんなことになっているとは気付いていません。
怖いですね〜


これからは、一生懸命に何かを誇示すればするほど、
人は違和感を感じ、自然に避けるようになるでしょう。
一生懸命すればするほどハートから分離し、周囲の人にとって違和感が増すのです。

必死に認められよう、愛されようと力を入れて頑張れば頑張るほど、
認められない、愛されないという状況を招きます。
そして、人から認められない、愛されないという感覚が増す・・・

あなたがどうにかしようとすればするほど、周囲はそれを感づいて、
離れていくのです。

でも本人は知らない・・・


あなたは自分のハートと和解することを選びますか?
それとも、いつまでも幻想の世界に生きていたいと、
自分のハートから逃げ続けますか?


例えが適切かどうかは分かりませんが、アンデルセン童話にある
「裸の王様」のようです。


誰もが「裸の王様」になりえます。
実際、誰もが何らかのポイントで「裸の王様」の要素を持っていて、
「やばい・・・」と思っていらっしゃるのではないでしょうか。

こんな話を書いている私も既に「裸の王様」です!(笑)


でも、「裸の王様」になってしまうことを恐れなくてもいいですよ。
変に力が入って、戦っていたり、緊張している自分がいないか観察してみてください。

「この状況で、もっと自然体でリラックスできないか?」
「その場その場で、自然な感情表現ができないか?」
いつも探してみましょう。

認められるように大きく見せようとしたり、違う自分を演じるのではなく、
ただ自分のエネルギーを心地よく放射しましょう。

大きく見せようと頑張っている裏には劣等意識があります。

しかし、あなたは本当に劣っているのでしょうか?
本当に価値がないのでしょうか?
ハートとハートが繋がってきて、みんなが一つになっていくとき
誰かが優れていて、誰かが劣っているという壁は幻想であることが分かります。
みんな同じ人間ですから・・・

悲観する必要はありません。


同じように優越意識も幻想に過ぎません。
優越意識にあぐらをかいていても、これからの時代は何も生むことができないでしょう。
特権階級はなくなるのです。


では、自然体でいるのがいいのならば、
力を入れないで、いつもボーっとしていればいいのか・・・

それはただの怠慢ですよね。

心はリラックスしながらも、やりたいことに意識を向け、ポジティブに行動しなければ、
人生に喜びは増えていかないでしょう。

自分の意識をどのように使うかは私達の自由意志に任されています。
ですから、どんな人生にするか、意識をどのように使うかは私達の責任です。

リラックスしながらも情熱的に行動する、陰と陽のバランスは常に大切です。



あなたの中心には必ず「あなたらしさ」の核があります。
リラックスして喜んでいるとき、それが見つかるでしょう。
Let's live a Dolphin Life !


いつもあなたの中心にいることができれば、疲れることなく、
人間関係も仕事もうまくいくでしょう。


小田原篤弘


| 対人関係 | 15:21 | comments(0) | trackbacks(0) |









トラックバック機能は終了しました。
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • 「分かって欲しい」「認めて欲しい」という欲求について
    Y (08/07)
  • 目覚めることは、現実が良くなることではない!
    あや (01/31)
  • 「イルカを愛している!」パレードを行います!
    き〜ちゃん (01/28)
  • 「イルカを愛している!」パレードを行います!
    govinda (01/20)
  • 「イルカを愛している!」パレードを行います!
    ドルフィニスト篤 (01/20)
  • 人に合わせることをやめる!!
    miyuki (12/08)
  • 悟りの観点から見た「決断・覚悟」について
    Ambho (08/08)
  • 「物質」から得る「信頼」「確かさ」について
    taka (06/26)
  • 横浜にて「イルカを守ろう!」パレードを行いました!
    Sachie (06/14)
  • 劣等意識はあなたの考えに過ぎない!
    tatsu (07/19)
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ