<私>を思い出すこと、         それが悟りです!

悟りカウンセラー・ドルフィニスト篤が、
自覚で悟りに至るためのヒントを綴ります。
「分かって欲しい」「認めて欲しい」という欲求について
こんにちは。
Dolphinist Academyのドルフィニスト篤です。


冬が近づきつつあることを肌で感じる頃となりましたが、
皆様、いかがお過ごしでしょうか?


寒くなると人恋しさが増しますが、
今日は「分かって欲しい」「認めて欲しい」という
承認欲求について書きたいと思います。


誰もが、大きさの大小があるにしても、
「分かって欲しい」「認めて欲しい」という
承認欲求を持っています。


「お腹が空いた〜」
「眠たい〜」
「なんかイライラする〜」


幼い頃、自分がして欲しいことを両親に向かって
泣き叫んだり、駄々をこねたり、癇癪を持った記憶があると思いますが、
幼い頃は、自分ではほとんど何もできないので、
両親に求めるしかありませんでした。


そして両親が自分の欲求に応えてくれることで、
自分が愛されていることを自然に確認していました。


このように、幼い頃、自分の欲求を外側の誰かに
「分かって欲しい」「認めて欲しい」と求めるのは自然なことです。


しかし、大人になっても「分かって欲しい」「認めて欲しい」と、
自分の欲求を外側に満たしてもらわないといられない状態というのは
本人にとっても周りの人にとっても辛い状況となります。


大富豪になったり、権力を手にすれば、お金や立場を利用して、
人をコントロールして、自分の欲求を満たせて、
さぞ満足だろうと空想したりしますが、実際は、欲求が満たされると、
それが当然となり、もっとして欲しいという欲求に変わるだけでしょう。


そして、満たされない所ばかりがクローズアップされ、
期待した通りに分かってもらえない、認めてもらえないと感じ、
苛立ちを覚え、分かってくれず、認めてくれない相手に
その怒りが向きます。


「もー、なんで分かってくれないの〜!!」


ひどい場合は、相手を恨んだり、憎んだりします。


実際は、怒りを感じ、恨み、憎んでいる本人が一番苦しいのですが、
このような状況で、自分の気持ちは自分が引き起こしているということに
目を向けようとする人は非常に少ないと思います。


外側の誰かに分かってもらい、認めてもらわないと、自分の
気持ちが落ち着かない状態は外側の中毒状態(共依存)です。


外側がどのように対応してくれるかで、自分の気持ちが
変化するのですから、穏やかでいられるはずがありません。


人はほとんの場合、「分かってもらえるか」「認めてもらえるか」
という基準で行動しています。


ヒーラー養成クラスのインナーチャイルドの講座では、
いつもこのお話をし、それを実践するワークを行っているのですが、
外側に依存している限り、心に平和が訪れることがないということです。


では、どうすればいいのか?


「私」が「私」を分かってあげ、認めてあげるのです。


今、「私」は何がしたいのだろう?
「私」は、何を求めているのだろう?


幼い頃、両親が自分の欲求に応えてくれたように、
自分が自分の欲求を理解してあげ、受け止めてあげ、
叶えてあげるのです。


叶えるのが難しい場合は、その欲求を理解して、
受け止めてあげるだけで自分の心は穏やかになっていくでしょう。


たとえ理不尽な欲求だったとしてもそれをそのまま
受け入れてあげます。


欲求を受け入れたからと言って、自分が駄目な人間になったり、
壊れてしまうことはありません。


ただ、「私」が「私」に分かって欲しいだけですから・・・


逆に、「私」が「私」のことを受け止めてあげなければ、
たとえ、他人に分かってもらえたという体験をしても、
すぐに気持ちが治まらなくなるということです。


「私」が「私」の欲求を理解してあげ、肯定することで、
「私」の価値は、「私」が決めることであり、
他人の評価によって価値が変わるのではないことが
本当の意味で分かるようになります。


どんな「私」も肯定し、受け止めてあげることで「悟り」に向かいます。


12/7(土)に千葉・流山で開催する「今月のメッセージ公開収録」では、
ドルフィニスト篤



----------------------------------------------------------

ブログ・ランキングに参加しています。
このブログを読まれた方は、以下のボタンのクリックをお願いいたします。


blog_ranking

 
| インナーチャイルド | 12:45 | comments(1) | trackbacks(0) |
心を取り戻すには?
 
こんにちは。
小田原篤弘です。
 
 
1月のブログでこれから「心の時代」がやってくる
という話を書きましたが、

 
心の時代を迎えるためには、私達一人一人が自分の心、
そして他人の心を大切に扱い、尊重する必要があります。
 
 
今までの時代は、心が大切なことは頭では分かっていても、
いざ日々忙しい現実の場面において、自分の心を大切にし、
心を優先できた方は少なかったのではないかと思います。
 

・私が少し我慢して、犠牲になれば丸く収まるから・・・
・生きるとは、こんなものだから・・・
・周りの皆がそうやっているから・・・
 
 
社会において皆が調和を持って生きていくには、
エゴを出すのではなく、引くことや妥協が必要な場合もあります。
 
 
しかし、妥協するのが当たり前になり、諦め癖がついてくると
次第に自分の心が何をしたいのか分からなくなって行きます。
 
 
そして「人の役に立ちたい」といった尊い使命感や神聖な思いも
やがてかき消されてしまいます。
 
 
「今までの生き方をやめたい!」
「自分の人生を生きたい!」
 
 
自分の心に嘘をついてきたという感覚がある方は、
心のどこかでこう望んでいらっしゃると思いますが、
その思いを叶えるには、これまでの生き方の方向を変える
相当な決意とエネルギーが必要です。


それは川の流れを人の手で変えるようなものです。
 
 
相当な決意と粘り強さがないと、惰性で今までの生き方に
戻されてしまいます。
 
 
それが私達が積んできたカルマというものです。

 
 
では、どうすれば良いか?

 
 
まず最初に心を見る練習をする必要があります。
 
 
今まで我慢することが多くて、自分の心を見てこなかった、
あるいは自分の心を大切にできなかった方は、
急に心を見ようと思っても、
 
 
「何が心か?」
「自分は何を感じているのか?」
「自分はどうしたいのか?」
 
 
そうしたことが全く分からなくなっている場合があります。
 
 
あるいは、長年の生き方やショックな出来事(トラウマ)によって、
感じ方に偏りが生じています。
 
 
 
私達人間はマインド・思考を発達させて、文明を築き上げてきました。
ですからこの社会では、マインド・思考が重視されます。
 
 
しかし私達人間から感情や感覚といったものを切り離すことはできません。
 
 
感情や感覚は私達の一部です。
 
 
心を回復するには、失った感情や感覚を自分の一部として取り戻し、
本来の自分自身へと還る必要があります。
 
 
それは遠い子供の頃の記憶を思い出すことでもあります。
 
 
また自分の中にあった「愛」に目覚めることでもあります。
 
 
心から離れていては、どんなに頑張ってもエゴの満足しかなく、
本当の幸せはありません。
 
 
大の大人が子供心を思い出すのはとても恥ずかしいかもしれません。
 
 
でも、本当の幸せを取り戻すには避けて通れません。
 
 
さぁ、怖れず自分自身を幸せにしていく道を歩み始めませんか。
 
 


 
今までのたくさんの受講生が自分自身との繋がりを回復され、
劇的に人生を変えて、輝いていらっしゃいます。
 
 
ピンと来られ方、是非、この機会に受講しませんか?
 
 
 
Dolphinist Academy
小田原篤弘
 
 

 
----------------------------------------------------------

ブログ・ランキング始めました。
このブログを読まれた方は、以下のボタンのクリックをお願いいたします。


blog_ranking


 
 
| インナーチャイルド | 23:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
あなたの美・魅力を解き放ちましょう!
 
こんにちは。
 
10月も半ばになりましたが、いかがお過ごしでしょうか?

 
イルカのスピリット「イルカくん&いるかちゃん」からのメッセージでは、
10月は、
『自分の美・魅力(BEAUTY)を拒まずに、思い切って放ちましょう!』
でした。
(詳しくはこちら)

 
10月には、自分の美・魅力に気づき、溢れ出てきているという方も
いらっしゃることと思います。
 
自分の美・魅力に気づき、肯定できることはとても気持ちがいいものです。
 
 
でも、もし今の時点で、
「自分の美・魅力と言われても良く分からない・・・」
「やっぱり自分に自信が持てない・・・」
 
という方は、もう少し自分をしっかりと見つめることをお勧めします。
 
 
どなたも、内側にたくさんの美・魅力を持っています。
それは、どなたも例外なくです。
 
 
でも、自分の美・魅力に自分が気づき、肯定できるかどうかで大きな違いが
生まれます。
 
 
それは、あなたがどのような環境で過ごし、育ったかにも依ってきます。
 
 
子供の頃、両親や先生から、いつも愛され、肯定されて育ったという感覚が
ある方は、
自分の美・魅力に気づきやすく、肯定することが当然という
感覚があります。
 
 
しかし、両親や先生から、いつも否定され、見下されて育ったという感覚が
ある方は、
自分の美・魅力に気づくことができず、肯定することが容易では
ないかもしれません。
 
 
この感覚は、大人になっても消えることなく続きます。
 
 
では、子供の頃に愛され、肯定された感覚がない人は、自分の美・魅力に気づき、
肯定するチャンスはないのでしょうか?
 
 
そんなことはありません。
 
 
1つには、学校や職場など今の環境の中で認めてもらうことです。
 
 
認めてもらうには、それなりの努力が必要ですが、やったことが報われる
体験をすることで内面に自信が生まれます。
 
 
仲間や先輩から褒めてもらえれば、自分の美・魅力に気づけ、
肯定することができます。
 
 
 
もう1つのやり方として、
人から認めてもらうのを待つのではなく、
根拠なく自分から自分の美・魅力に気づき、肯定してしまう」
というものです。
 
 
それが難しいんだって・・・
 
 
という声が聞こえてきそうですが、もしこれができるのであれば、
今すぐにでも自分の美・魅力に気づき、肯定することができます。
 
 
私達は、自分の美・魅力に気づき、肯定するのに、外側の賞讃や指針がないと
信じることができなくなっています。
 
 
でも、本来は自分のことなので、おかしな話なのです。
 
 
私達の価値は、外側からやって来るのではなく、私達の内側に既にあります。
ただ、私達は自分のことが信じられないだけです。
 
 
自分のことを信じられない時、あなたは自分のことをどれだけ
卑下しているでしょうか?
 
 
自分のことを信じられない時、あなたはどれだけ「私は価値がない!」と
宇宙に言って回っていると思いますか?
 
 
 
もし、あなたの美・魅力をすべて兼ね備えた子供があなたの中にいるとします。
 
 
あなたは外側からの賞讃がなくても、その子のことを尊重し、
愛することはできますか?


それとも、あなたの両親があなたにしたように、その子のことを馬鹿にして、
見下しますか?
 
 
 

 
 
 
あなたの中にいる子供の意識と繋がることで、あなたの中に自信が生まれ、
人生が好転して行きます。
 
 
この人生で、自分の美・魅力(BEAUTY)を思い切って放っていきませんか?
 
 
 
Dolphinist Academy
小田原篤弘
 
 

 
--------------------------------------------------------------

ブログ・ランキング始めました。
このブログを読まれた方は、以下のボタンのクリックをお願いいたします。

blog_ranking



| インナーチャイルド | 01:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
ヒーラー養成クラスを終えて
ヒーラー養成クラスを終えて


ヒーラー養成クラスを受講された皆様、ありがとうございました。

このクラスで、今まで気づいていなくて、知らなかったたくさんの自分と出会えたことと思います。

最終日は、かなり盛りだくさんな内容となり、
消化できなかったこともあったことと思います。




インナーチャイルドのクラスでは、
自分のインナーチャイルドの母親として、
また父親として接し、育てていきましょう。
という話がありました。




でも、自分のインナーチャイルドに
親としていつも愛を持って接することは、
一般的にはなかなか難しいものです。



どうしてもインナーチャイルドの感情に振り回されたり、
押しつぶされてしまって、パニックしてしまったり、
誰かのせいにして、自分は被害者という立場を取ってみたり・・・



自分の感情や欲求に責任を持つということは、
時には忍耐強さも必要になってきます。



インナーチャイルドのクラスを受講すると、
「いつもインナーチャイルドに愛を持って接する」という
理想の親像だけを知って、
でも現実にはそうしようとしても、できない自分がいる・・・



そのギャップに苦しくなるかもしれません。



そして、そうできない自分に罪悪感を感じ、自分を責めてしまいます。




「理想の親になれない自分は未熟だ・・・」
「自分にはできない・・・」




そして、できない自分が悲しくなり、怒りが湧いてきます。




しかしこれでは、
せっかくインナーチャイルドのクラスに出て、
インナーチャイルドを愛し、幸せになろうとしているのに、
本末転倒になってしまいます。





では、どうすればよいでしょうか?





この場合、知らず知らずのうちに、
理想の親になって、完璧にインナーチャイルドを愛そう!と、
構えてしまっているか、自分に課してしまっていると思います。



まず、完璧になろうとすることをやめましょう!



理想の親像を知っているけど、できない・・・
それでいいのです。





もし自分が感情に振り回され、パニックしていたとしても
そんな自分を許してあげましょう。



誰かのせいにしたくなる自分がいれば、それも良しとしましょう。



これが今の自分なのだから、そんなありのままの自分を愛してあげましょう。




自分では処理できない感情があれば、家族や友人に相談したり、
シェアするなど、誰かに頼ってもいいのです。



理想の親じゃなくても、いいと思います。




今は理想の親とはかけ離れている感じがあるかもしれないけれど、
長い人生、少しずつ愛を持って
インナーチャイルドと接することができるようになればいい・・・
それくらい大きく構えてみるのはどうでしょうか?




そして、今できることは、
今インナーチャイルドがどう感じているかのありのままを、
「そうだね」と肯定して、寄り添ってあげるのです。




でも、それは、
悲しみや怒りのネガティブな中にどっぷりと漬かりなさい!
という意味ではなく、

そんな悲しみや怒りを抱えているインナーチャイルドと共に、
したいことや、自分が喜ぶことを選択して行くのです。


例えば、
泣きながら、怒っている幼稚園児の子供がいたら、
よしよししながら、公園に遊びに行こうか!と
子供が喜ぶようなことをしてあげますよね。


そんな感じです。



あなたが好きで気分が変わることは、何ですか?


海を見に行きたい?   マッサージを受けたい?
温泉に行きたい?    ショッピングに行きたい?
お友達とでかけたい?  おいしいランチに行きたい? 


自分が喜ぶことをしてあげましょう。



それは、悲しみや怒りの現実を選択するのではなく、
それを受けとめて、喜びを選択することで、現実を変えるという方法です。



何か構えて「愛し続けなければ・・・」と義務のようにしなくてもいいのです。
もっと軽くていいのです。



これが幸せの近道だと思います。




これを続けていくうちに、自然に愛するアダルトとなっていくでしょう。




今回のクラスの最終日は、皆様とシェアする時間が充分に取れなかったことを反省しています。


また、クライアントのインナーチャイルドと向き合うカウンセリングワークは、

ヒーリングセッションの前後に
クライアントとカウンセリングまたはシェアをする時の
基本的な心構えのガイドラインを知っていただき、
簡単に体験していただくことを目的としていましたが、

実際には完璧にやろうとすると、難しく感じた方が多かったと思います。



次回は皆様の貴重な声を、クラスに反映させていただこうと思っています。



ドルフィンライフマスタリースクール
小田原篤弘










| インナーチャイルド | 16:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • 「分かって欲しい」「認めて欲しい」という欲求について
    Y (08/07)
  • 目覚めることは、現実が良くなることではない!
    あや (01/31)
  • 「イルカを愛している!」パレードを行います!
    き〜ちゃん (01/28)
  • 「イルカを愛している!」パレードを行います!
    govinda (01/20)
  • 「イルカを愛している!」パレードを行います!
    ドルフィニスト篤 (01/20)
  • 人に合わせることをやめる!!
    miyuki (12/08)
  • 悟りの観点から見た「決断・覚悟」について
    Ambho (08/08)
  • 「物質」から得る「信頼」「確かさ」について
    taka (06/26)
  • 横浜にて「イルカを守ろう!」パレードを行いました!
    Sachie (06/14)
  • 劣等意識はあなたの考えに過ぎない!
    tatsu (07/19)
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ